ホーム > 会員のみなさまへ > 会告(学術集会・セミナー) > 附置研究会 > 第3回 超音波内視鏡下穿刺術の手技標準化に関する研究会

附置研究会

第3回 超音波内視鏡下穿刺術の手技標準化に関する研究会

代表世話人:

  • 入澤 篤志(福島県立医科大学 会津医療センター 消化器内科学講座)

当番世話人:

  • 今泉 弘(北里大学 医学部 消化器内科)
    宇野 耕治(京都第二赤十字病院 消化器内科)
    伊佐山 浩通(東京大学 医学部 消化器内科)

会期:

  • 平成27年5月31日(日) 13:10~16:10(180分)

会場:

  • 第13会場(名古屋国際会議場 2号館1F 展示室211)

代表世話人挨拶:

  • 入澤 篤志(福島県立医科大学 会津医療センター 消化器内科)

開会の辞 当番世話人:

  • 伊佐山 浩通(東京大学 医学部 消化器内科)

研究会テーマ:

  • 超音波内視鏡下膵仮性嚢胞ドレナージ術~標準化への提言~

 今回のテーマは比較的なじみが深い膵仮性嚢胞のドレナージです。近年、仮性嚢胞は膵管破綻から漏出した膵液が貯留した嚢胞と、膵壊死、脂肪壊死が被胞化されたWalled-off necrosis(WON)に分けられました。本研究会ではこれらは別物として扱い、それぞれの治療戦略等を話し合って行きたいと思っています。また、WONに関してはドレナージのみでなく、引き続き内部の壊死物質を除去するNecrosectomyが施行されるので、そちらについても討論が必要だと思っております。近年発展目覚ましい超音波内視鏡下の手技ですが、標準化による、更なる手技の普及が必要な段階にきていると思います。本研究会では、それぞれのセッションで標準化に向けての提言を発表していただき、討論して行きたいと思っております。一部施設に限定した標準化にならないように、多くの先生方のご意見を頂きたいと思っております。


セッション1
 急性膵炎後仮性嚢胞のマネージメント(13:05~13:50)
  司会:今泉 弘(北里大学 医学部 消化器内科)
     松田 浩二(聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 消化器内科)

基調講演:
 仮性嚢胞とWalled-off necrosis (WON)の病態とAtlanta分類(発表10分、質疑なし)
  講演:北野 雅之(近畿大学 消化器内科)

 1)仮性嚢胞に対する治療戦略~適応と治療のタイミング~(発表10分、質疑5分)
  講演:岡部 義信(久留米大学 医学部 消化器内科 )
 2)仮性嚢胞に対するドレナージ術~手技の実際~(発表10分、質疑5分)
  講演:潟沼 朗生(手稲渓仁会病院 消化器センター)

セッション2
 Walled-off necrosis (WON)のマネージメント(13:50~14:25)
  司会:伊佐山 浩通(東京大学 医学部 消化器内科)
     安田 一朗(帝京大学医学部附属溝口病院 消化器内科)

3)WONに対する治療戦略~適応とStep-up approach~(発表10分、質疑5分)
  講演:石原 武(千葉大学 医学部 消化器内科)
4)Walled-off necrosisに対するNecrosectomy~手技の実際~(発表10分、質疑5分)
  講演:河本 博文(川崎医科大学 総合内科学2)

Coffee Break (14:25~14:35)

セッション3
 治療成績向上への工夫(14:35~15:25)
  司会:宇野 耕治(京都第二赤十字病院 消化器内科)
     糸井 隆夫(東京医科大学 消化器内科)

 5)デバイスセレクション(発表10分、質疑5分)
  講演:小川 貴央(仙台市医療センター仙台オープン病院 消化器内科)
 6)術後管理とトラブルシューティング(発表10分、質疑5分)
  講演:原 和生(愛知県がんセンター中央病院 消化器内科)
 7)教育と施設への導入(発表10分、質疑5分)
  講演:良沢 昭銘(埼玉医科大学 国際医療センター 消化器内科)

Interventional EUSに向けての超音波内視鏡開発~より良い手技を可能にする~
 (各発表6分、質疑4分)

セッション4
 メーカープレゼン(15:25~15:55)
  司会:赤星 和也(麻生飯塚病院 消化器内科)
     廣岡 芳樹(名古屋大学医学部附属病院 光学医療診療部)
 8)Interventional EUSに向けての超音波内視鏡開発の取り組み(発表6分、質疑4分)
  講演:内田 優子(オリンパス 株式会社 超音波技術開発部)
 9)新世代 超音波内視鏡システム 開発
 ~Diagnostic to Therapeutic EUSを考えて~(発表6分、質疑4分)
  講演:成瀬 睦己(富士フイルム メディカル株式会社 内視鏡・超音波事業本部)
10)PENTAX超音波内視鏡
  ~処置時におけるCCD画像および超音波画像~(発表6分、質疑4分)
  講演:樽本 哲也(HOYA株式会社 PENTAXライフケア事業部 製品開発部)

閉会の辞 当番世話人(15:55~17:00):
  今泉 弘(北里大学 医学部 消化器内科)


pickup
血友病患者に対する内視鏡時の対応について

重要 血友病患者に対する内視鏡時の対応について

医療安全委員会からのお知らせです