ホーム > 会員のみなさまへ > 会告(報告・お知らせ) > 各種委員会 > 血友病患者に対する内視鏡時の対応について

<注意!> 血友病患者に対する内視鏡時の対応について


日本血栓止血学会より、「インヒビターのない血友病患者に対する止血治療ガイドライン2013改訂版」が出されており、その中に、上部・下部消化管内視鏡検査に際し、生検など、観血的処理を行なった場合は、必要に応じて12~24時間おきに1~4日間凝固因子製剤の追加輸注を行うことが推奨される(勧告グレードC、エビデンスレベルⅣ:エキスパートオピニオン)との記載があります。
また、内視鏡的硬化療法の場合は手術に準ずる対応、との記載もございます。
各医療機関の皆様には、十分なご注意をお願い致します。


詳細は下記をご確認ください。

インヒビターのない血友病患者に対する止血治療ガイドライン(2013年 改訂版)


2016年7月
日本消化器内視鏡学会 医療安全委員会



pickup
血友病患者に対する内視鏡時の対応について

重要 血友病患者に対する内視鏡時の対応について

医療安全委員会からのお知らせです