ホーム > 会員のみなさまへ > 会告(学術集会・セミナー) > 支部例会 > 第161回 日本消化器内視鏡学会東北支部例会のご案内

東北支部例会

第161回 日本消化器内視鏡学会東北支部例会のご案内

 このたび歴史と伝統のある日本消化器内視鏡学会の第161回東北支部例会を、平成30年7月7日(土曜日)に、仙台市のフォレスト仙台にて開催させて頂くこととなり、大変光栄に存じますとともにその責任の重さに身の引き締まる思いであります。
 本例会のメインテーマは『内視鏡診療の現状と将来展望~東北から世界への発信~』としました。まず、本会が東北地方における内視鏡診療の現状を認識しその課題を討論できる場になればと思っています。そこで、内視鏡診療の現状および課題を集中的に討論する場として、ワークショップ『抗血栓薬服用者に対する内視鏡診療の現状と課題』、パネルディスカッション①『消化器内視鏡医教育の現状と課題』、パネルディスカッション②『内視鏡診療における地域連携の現状と課題』を設けました。さらに、本例会のメイン企画として、特別セミナーおよびシンポジウム『内視鏡診療の進歩と将来展望』を企画し、特別セミナーでは、内視鏡診断については埼玉医科大学 熊谷洋一先生に、内視鏡治療については日本大学 後藤田卓志先生 に御講演頂きます。その上で、シンポジウムで東北地方から世界へ発信できる研究成果の討論を行いたいと考えています。
 もちろん、第17回を迎えるプレナリーセッション「めざせ!消化器内視鏡専門医」も予定しておりますので、初期、後期研修医の先生方は奮って演題を応募して頂ければと思います。
 会員の先生方の多くの御発表と御参加を心からお待ちしております。
 何卒よろしくお願い申し上げます。


会長:

  • 小池 智幸 (東北大学大学院医学系研究科消化器病態学分野)

会期:

  • 2018年7月7日(土)

会場:

  • フォレスト仙台
    〒981-0933
    宮城県仙台市青葉区柏木1-2-45
    TEL:022-274-6970

ホームページ:

演題募集期間:

  • 2018年3月28(水)~4月25日(水)予定

募集内容:

  • テーマ『内視鏡診療の現状と将来展望~東北から世界への発信~』
    消化器内視鏡に関する演題を広く募集いたします。

プログラム概要:

  • シンポジウム『内視鏡診療の進歩と将来展望』
    パネルディスカッション①『消化器内視鏡医教育の現状と課題』
    パネルディスカッション②『内視鏡診療における地域連携の現状と課題』
    ワークショップ『抗血栓薬服用者に対する内視鏡診療の現状と課題』
    プレナリーセッション「めざせ!消化器内視鏡専門医」
    一般演題

    特別セミナー
    ランチョンセミナー①
    ランチョンセミナー②

事務局:

  • 東北大学大学院医学系研究科消化器病態学分野
    〒980-8574 宮城県仙台市青葉区星陵町1-1
    担当:浅野 直喜
    TEL:022-717-7171 FAX:022-717-7177
    E-mail:jgest161@gastroente.med.tohoku.ac.jp

運営事務局:

  • 株式会社東北共立
    〒982-0001 宮城県仙台市太白区八本松2-10-11
    担当:小足、千葉
    TEL:022-246-2591 FAX:022-249-1754
    E-mail:jges161@tohoku-kyoritz.co.jp


 

pickup
血友病患者に対する内視鏡時の対応について

重要 血友病患者に対する内視鏡時の対応について

医療安全委員会からのお知らせです