ホーム > 会員のみなさまへ > 会告(報告・お知らせ) > お知らせ > 【中間報告】JED(Japan Endoscopy Database)に対する意識と現状調査

【中間報告】JED(Japan Endoscopy Database)に対する意識と現状調査

この度は、「【重要:ご回答必須】JED(Japan Endoscopy Database)に対する意識と現状調査に関して」にご協力賜り、誠感謝申し上げます。
中間報告となりますが、今回頂戴したご質問・ご要望につきまして、下記のように対応を検討中でございます。


 

  1. セミナーの機会を増やして欲しい
    ⇒支部セミナー、学会セミナーなど可能な限りのJEDに関する説明は行っております。
    今後は、学会総会のセッションに組み入れて頂けるようJEDから打診する予定であり、支部のセッション組み入れに関しては、今後学会として検討しております。
  2. 個別説明の機会を増やして欲しい
    ⇒支部例会、総会すべてでJED説明・相談受付ブースを設置する予定でございます。
    詳細に関しては学会ホームページ、当該学術集会のホームページをご高覧下さい。
  3. 入力方法の説明に関して
    ⇒どこでもJED、富士フイルム・オリンパスに関しましては、入力動画を作成する予定でございます。
  4. 全般説明に関して
    ⇒こちらも動画作成し eラーニングの形式で配布する予定でございます。
  5. ホームページの拡充
    ⇒案内が当初間違っておりましたが、現在は新しいJEDホームページになっております。
    まだご覧になっておられない方は、是非ご高覧下さい。
    JED公式HP:http://www.jges.net/jedproject/
  6. 独自ファイル運用施設、小ベンダー利用施設に関して
    ⇒個別に対応させていただく予定でございます。メールベースでのご連絡が多くなると予想されますので、その点ご留意ください。また、データ提出や、画面ショットの送付のお願いが今後生じる可能性がございます。
  7. JED対応ベンダー JEDパートナーの開示
    ⇒ホームページ上に開示する予定でございます。

 


 

pickup
血友病患者に対する内視鏡時の対応について

重要 血友病患者に対する内視鏡時の対応について

医療安全委員会からのお知らせです