ホーム > 会員のみなさまへ > 専門医制度のご案内 > 専門医制度審議会からのお知らせ > 『日本消化器内視鏡学会専門研修プログラム整備基準』について

専門医制度中央審議会からのお知らせ

重要 『日本消化器内視鏡学会専門研修プログラム整備基準』について

 会員の皆様におかれましては、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
 本学会の専門医制度は、消化器内視鏡を施行する際、患者にとって良質な医療が提供されることを目標とし、「患者に理解され信頼される専門医を育成する」という視点に立って専門医制度構築を行うことを理念としております。
 既にご報告申し上げております通り、本学会は、内科、外科、救急科、臨床検査科、小児科、放射線科の6領域の基本領域の二階に位置した横断的なサブスペシャルティ学会として2018年5月18日(金)の日本専門医機構理事会で正式に認定されました。
 それに伴い、消化器内視鏡専門医研修プログラム整備基準を専門医制度中央審議会にて改めて検討しリニューアルいたしました。
 この整備基準に則して、本学会の専門医を指導される先生方には、未来を担う専門医の育成にご尽力いただき、専攻医の先生方には、先に申し上げた「患者に理解され信頼される専門医」を目指して消化器内視鏡医学に貢献いただけることを渇望いたします。


一般社団法人 日本消化器内視鏡学会
理事長 田尻 久雄
専門医制度中央審議会
担当理事 田中 信治


  1. 消化器内視鏡専門研修プログラム整備基準Ver. 6
  2. 日本消化器内視鏡学会専門医制度規則

 

 

pickup
血友病患者に対する内視鏡時の対応について

重要 血友病患者に対する内視鏡時の対応について

医療安全委員会からのお知らせです