一般社団法人 日本消化器内視鏡学会 Japan Gastroenterological Endoscopy Society

  1. TOP
  2. スクリーニング認定医制度
  3. 下部消化管内視鏡スクリーニング認定医申請

下部消化管内視鏡スクリーニング認定医申請

2022年度 下部消化管内視鏡スクリーニング認定医申請

 

申請期間

 202241日(金) ~  2022630日(木)※消印有効

認定基準 

  1. 本国の医師免許証を有し、取得後7年以上であること。
  2. 日本消化器内視鏡学会(以下、本学会)会員であること(在籍期間は問わない)。
  3. 申請時に、大腸内視鏡検査を300例以上の実施経験があること。
  4. 本学会または同支部が主催または共催するハンズオンセミナーにおいて、大腸内視鏡挿入法の実技指導を受けた者。但し、大腸内視鏡検査を1000例以上の実施経験があり、本学会の指導医または専門医の推薦を受けた者は、ハンズオンセミナー受講を免除する。
  5. 本学会が主催または共催する下部消化管内視鏡スクリーニング検査の撮影法・診断法・医療安全等に関するセミナー講習または本学会が作成・配給するe-learning講習を受講し、修了証を得ていること。(スクリーニング認定医申請の必須セミナー開催情報は、詳細が決定次第、別途【スクリーニング認定医制度】メニュー内に情報を掲載いたします。)
  6. 本学会の専門医有資格者は、下部消化管内視鏡スクリーニング認定医の要件を満たしているものとする

申請方法 

 下部消化管内視鏡スクリーニング認定医の認定を申請する者は、次の要件を満たし本学会理事長宛てに申請する。

  1. 下部消化管内視鏡スクリーニング認定医申請書(学会会員番号を含む)
  2. 履歴書                            
  3. 医師免許証(写)
  4. 診療実績表(別表の消化管内視鏡検査件数)            
  5. 大腸ハンズオンセミナー受講証明書(提出が必要な申請者のみ)
  6. セミナー講習受講証明書

 ※ なお、本学会の専門医有資格者が申請する際の提出書類は、上記1(上部消化管内視鏡スクリーニング認定医申請書)のみとする。

審査料

5,000円
 ※納入された審査料はいかなる事由があっても返還いたしません。

認定料

5,000円

2022年度申請書類申込みについて 

※申請開始時期に申請ページのURLを掲載いたします。

202241日~20226月末日(当日消印有効)