一般社団法人 日本消化器内視鏡学会 Japan Gastroenterological Endoscopy Society

医療関係のみなさま

  1. TOP
  2. 医療関係のみなさま
  3. 学術集会・セミナー
  4. 今後の イベント

イベントを読み込み中

« All イベント

  • このイベントは終了しました。

第153回 日本消化器内視鏡学会東北支部例会

2014年7月5日

第153回日本消化器内視鏡学会東北支部例会のご案内

第153回日本消化器内視鏡学会東北支部例会を下記のとおり開催いたします。会員の皆様の多数のご参加、ご発表をいただきますようご案内申し上げます。

会長:

 大西 洋英(秋田大学大学院医学系研究科 消化器内科学講座)

会期:

 平成26年7月5日(土)

会場: 

 秋田市にぎわい交流館au
 〒010-0001 秋田市中通一丁目4番1号 TEL:018-853-1133
 http://www.akita-nigiwai-au.jp

HPアドレス:

 http://www.tohoku-kyoritz.jp/153jges-tohoku/

演題募集:

 終了致しました。

応募方法:

 支部例会ホームページより
 http://www.tohoku-kyoritz.jp/153jges-tohoku/

 

内容:

◇シンポジウム
  テーマ:「食道癌に対する内視鏡診断・治療の工夫」

   司会:平澤 大 (仙台市医療センター仙台オープン病院 消化器内科)
      松橋 保 (秋田大学大学院医学系研究科 消化器内科学講座)

  •  昨今の食道癌患者数の増加により、その診断・治療における消化器内視鏡の役割はますます多彩なものとなっています。スクリーニングにおける頸部食道観察やバレット食道のフォローなどにての早期食道癌発見のための工夫は各施設、各術者はいかがなさっていますでしょうか?また、表在型食道癌に対する内視鏡治療においては、それこそ用いるスコープ、治療手技、デバイスなど十人十色の工夫がなされていることと推察致します。更に、進行食道癌においても化学放射線療法効果の判定、術後経過観察、再発に対するサルベージ治療など消化器内視鏡の出番は多岐にわたります。
     そこで本セッションでは食道癌の内視鏡診断・治療における鎮静から観察、診断、治療にいたるまでの広い範囲での各施設の工夫をご発表いただき、それを広く東北支部全体で応用することにより食道癌診療の向上に寄与したいと願っています。幅広い分野で演題を募集させていただきます。

 

◇ワークショップ
  テーマ:「胆・膵内視鏡診療におけるup-to-date」

   司会:牧野直彦 (山形大学医学部 消化器内科学講座)
      高木忠之 (福島県立医科大学医学部 消化器・リウマチ膠原病内科学講座)

  •  近年,内視鏡機器ならびに機材の進歩により、胆道・膵臓疾患診療における消化器内視鏡の活躍は多岐にわたっています。本セッションでは各施設から胆・膵内視鏡診療の現在の取り組みや新しい試みについて多彩な方面からのご発表いただき、胆・膵内視鏡のup-to-dateについて広く議論することで、明日からの胆道・膵臓疾患診療に役立つ情報を提供したいと願っています。胆・膵ともに幅広い演題を募集いたします。

 

◇一般演題

 

◇第9回プレナリーセッション
  テーマ:「めざせ!消化器内視鏡専門医」

   司会:小原 勝敏(福島県立医科大学附属病院内視鏡診療部)
      大西洋英 (秋田大学大学院医学系研究科 消化器内科学講座)
   審査員:三上達也 (弘前大学医学部附属病院 光学医療診療部)
       千葉俊美 (岩手医科大学医学部 内科学講座消化器内科消化管分野)
       和田 勲 (秋田組合総合病院 消化器内科)
       片倉響子 (福島県立医科大学医学部 消化器・リウマチ膠原病内科学講座)
       阿部靖彦 (山形大学医学部 消化器内科学講座)
       北川 靖 (東北労災病院 胃腸科)

 

  • 第一部:研修医(卒後2年目迄)
    第二部:専修医・専攻医(卒後3−5年目)
    『消化器内視鏡専門医をめざす若手医師を対象としたプレナリーセッションを企画しました。これから消化器内視鏡専門医をめざす研修医(第一部)および専修医・専攻医(第二部)の先生方を筆頭演者として,演題を募集します。第一部では2題、第二部では3題の優秀演題を選出し、学会当日の評議委員会の席上で発表者を表彰致します。』

 

◇特別講演
   講師:後藤田 卓志 東京医科大学消化器内科 准教授
   司会:福田眞作 (弘前大学大学院医学系研究科 消化器血液内科学講座)
  「胃ESD守破離」

 

◇ランチョンセミナー
  講師:安藤 朗 滋賀医科大学大学院 感染応答・免疫調節部門 教授
  司会:大西洋英 (秋田大学大学院医学系研究科 消化器内科学講座)
  「最新の研究班治療指針に基づいた潰瘍性大腸炎の治療戦略 」

 

学会事務局:

  • 秋田大学大学院医学系研究科 消化器内科学講座
    〒010-8543 秋田県秋田市本道1−1−1
    TEL:018-884-6104/FAX:018-836-2611
    担当:真嶋浩聡、松橋 保
    E-mail:ichimed@doc.med.akita-u.ac.jp

 

運営事務局:

  • 株式会社東北共立
    〒982-0001 宮城県仙台市太白区八本松2-10-11
    TEL:022-246-2591/FAX:022-246-1754
    担当:小足賢一、大槻喜之
    E-mail:jges@tohoku-kyoritz.co.jp

詳細

日付:
2014年7月5日
イベントカテゴリー:
,
Web サイト:
http://www.tohoku-kyoritz.jp/153jges-tohoku/

会場

秋田市にぎわい交流館AU
〒010-0001 秋田市中通一丁目4番1号
秋田市, 秋田県 010-0001
+ Google マップ
電話番号:
018-853-1133

主催者

日本消化器内視鏡学会