一般社団法人 日本消化器内視鏡学会 Japan Gastroenterological Endoscopy Society

  1. TOP
  2. スクリーニング認定医制度
  3. 消化管内視鏡スクリーニング認定医制度規則

消化管内視鏡スクリーニング認定医制度規則

消化管内視鏡スクリーニング認定医制度規則

 本制度は日本消化器内視鏡学会(以下、本学会)が、全国の消化管内視鏡スクリーニング検査に対する指導体制と認定制度を整備することで、実臨床や内視鏡検診における安全かつ質の高い消化管内視鏡スクリーニング検査を普及させることにより、消化器がん死亡率減少の実現をはじめ、学会の社会的貢献を果たすことを目的とする。

上部消化管内視鏡スクリーニング認定医の要件

【認定基準】

  1. 本国の医師免許証を有し、取得後7年以上であること。
  2. 本学会会員であること(在籍期間は問わない)。
  3. 申請時に、上部消化管内視鏡検査を1000例以上、または直近の1年間に500例以上の実施経験があること。
  4. 本学会が主催または共催する上部消化管内視鏡スクリーニング検査の撮影法・診断法・医療安全等に関するセミナー講習または本学会が作成・配給するe-learning講習を受講し、修了証を得ていること。
  5. 本学会の専門医有資格者は、上部消化管内視鏡スクリーニング認定医の要件を満たしているものとする。

【申請方法】

上部消化管内視鏡スクリーニング認定医の認定を申請する者は、次の書類を本学会理事長宛てに提出する。

  1. 上部消化管内視鏡スクリーニング認定医申請書(学会会員番号を含む)
  2. 履歴書
  3. 医師免許証(写)
  4. 診療実績表(別表の消化管内視鏡検査件数)
  5. セミナー講習受講証明書

※ なお、本学会の専門医有資格者が申請する際の提出書類は、上記1(上部消化管内視鏡スクリーニング認定医申請書)のみとする。

【認定方法】

  1. 年1回申請書類によって審査を行い、必要な条件を満たす者を上部消化管内視鏡スクリーニング認定医として認定する。
  2. 本学会理事長は、上部消化管内視鏡スクリーニング認定医として認められた者に対して、理事会の議を経て上部消化管内視鏡スクリーニング認定医証を交付する。

【資格の更新】

上部消化管内視鏡スクリーニング認定医資格は、5年毎に更新しなければならない。
更新の申請にあたっては、次の書類を本学会理事長宛てに提出する。但し、上部消化管内視鏡の認定期間内に下部消化管内視鏡の認定を受けた場合は、その後5年間とする。

  1. 上部消化管内視鏡スクリーニング認定医 資格更新申請書
  2. 診療実績表(別表の上部消化管内視鏡検査数)
    本学会で行うJED(Japan Endoscopy Database)でのデータ提出にて診療実績とする。JEDによるデータ提出の体制が間に合わない場合には、資格取得後4年以内にJEDでの登録、提出を行い、登録が出来ない期間については、別紙の診療実績表での提出を認める。

※ なお、正当な理由で資格の更新ができない旨を本学会理事長に届け出た場合は、理事会の議を経て3年間まで更新の保留ができる。
※ また、本学会の専門医有資格者が更新手続きする際の提出書類は、上記1(上部消化管内視鏡スクリーニング認定医 資格更新申請書)のみとする。

【資格喪失】

上部消化管内視鏡スクリーニング認定医は、次のいずれかに該当する場合、理事会の議を経てその資格を喪失する。

  1. 正当な理由を付して上部消化管内視鏡スクリーニング認定医の資格辞退の申し出があったとき。
  2. 新たに上部消化管内視鏡スクリーニング認定医の更新を受けないとき。
  3. 本学会、定款第9条の規定に従って会員としての資格を喪失したとき。
    ※ 本学会理事長は、上部消化管内視鏡スクリーニング認定医として不適当と認められた者に対して、理事会の議決によって、上部消化管内視鏡スクリーニング認定医の認定を取り消すことができる。

下部消化管内視鏡スクリーニング認定医の要件

【認定基準】

  1. 日本国の医師免許証を有し、取得後7年以上であること。
  2. 本学会会員であること(在籍期間は問わない)。
  3. 申請時に、大腸内視鏡検査を300例以上の実施経験があること。
  4. 本学会または同支部が主催または共催するハンズオンセミナーにおいて、大腸内視鏡挿入法の実技指導を受けた者。但し、大腸内視鏡検査を1000例以上の実施経験があり、本学会の指導医または専門医の推薦を受けた者は、ハンズオンセミナー受講を免除する。
  5. 本学会が主催または共催する下部消化管内視鏡スクリーニング検査の撮影法・診断法・医療安全等に関するセミナー講習または本学会が作成・配給するe-learning講習を受講し、修了証を得ていること。
  6. 本学会の専門医有資格者は、下部消化管内視鏡スクリーニング認定医の要件を満たしているものとする。

【申請方法】

下部消化管内視鏡スクリーニング認定医の認定を申請する者は、次の書類を本学会理事長宛てに提出する。

  1. 下部消化管内視鏡スクリーニング認定医申請書(学会会員番号を含む)
  2. 履歴書
  3. 医師免許証(写)
  4. 診療実績表(別表の消化管内視鏡検査件数)
  5. 大腸ハンズオンセミナー受講証明書(提出が必要な申請者のみ)
  6. セミナー講習受講証明書

※ なお、本学会の専門医有資格者が申請する際の提出書類は、上記1(下部消化管内視鏡スクリーニング認定医申請書)のみとする。

【認定方法】

  1. 年1回申請書類によって審査を行い、必要な条件を満たす者を下部消化管内視鏡スクリーニング認定医として認定する。
  2. 本学会理事長は、下部消化管内視鏡スクリーニング認定医として認められた者に対して、理事会の議を経て下部消化管内視鏡スクリーニング認定医証を交付する。

【資格の更新】

下部消化管内視鏡スクリーニング認定医資格は、5年毎に更新しなければならない。
更新の申請にあたっては、次の書類を本学会理事長宛てに提出する。

  1. 下部消化管内視鏡スクリーニング認定医 資格更新申請書
  2. 診療実績表(別表の大腸内視鏡検査数)
    本学会で行うJED(Japan Endoscopy Database)でのデータ提出にて診療実績とする。JEDによるデータ提出の体制が間に合わない場合には、資格取得後4年以内にJEDでの登録、提出を行い、登録が出来ない期間については、別紙の診療実績表での提出を認める。

 

※ なお、正当な理由で資格の更新ができない旨を本学会理事長に届け出た場合は、理事会の議を経て3年間まで更新の保留ができる。
※ また、本学会の専門医有資格者が更新手続きする際の提出書類は、上記1(下部消化管内視鏡スクリーニング認定医 資格更新申請書)のみとする。

【資格喪失】

下部消化管内視鏡スクリーニング認定医は、次のいずれかに該当する場合、理事会の議を経てその資格を喪失する。

  1. 正当な理由を付して下部消化管内視鏡スクリーニング認定医の資格辞退の申し出があったとき。
  2. 新たに下部消化管内視鏡スクリーニング認定医の更新を受けないとき。
  3. 本学会、定款第9条の規定に従って会員としての資格を喪失したとき。

※ 本学会理事長は、下部消化管内視鏡スクリーニング認定医として不適当と認められた者に対して、理事会の議決によって、下部消化管内視鏡スクリーニング認定医の認定を取り消すことができる。

附則

  1. この要件は2020年7月2日から施行する。
  2. 内視鏡スクリーニング認定医の審査料及び認定料、更新料は別途定め、本学会ホームページに掲載する

(2021年1月29日一部改訂)