一般社団法人 日本消化器内視鏡学会 Japan Gastroenterological Endoscopy Society

  1. TOP
  2. スクリーニング認定医制度
  3. 大腸内視鏡スクリーニング認定医申請

大腸内視鏡スクリーニング認定医申請

2023年度 大腸内視鏡スクリーニング認定医申請

2023年度の申請受付は終了いたしました。合否通知は、2023年9月末頃までにメールにてご案内いたします。

認定基準 

  1. 本国の医師免許証を有し、取得後7年以上であること。
  2. 日本消化器内視鏡学会(以下、本学会)会員であること(在籍期間は問わない)。
  3. 申請時に、大腸内視鏡検査を300例以上の実施経験があること。
  4. 本学会または同支部が主催または共催するハンズオンセミナーにおいて、大腸内視鏡挿入法の実技指導を受けた者。但し、大腸内視鏡検査を1,000例以上の実施経験があり、本学会の指導医または専門医の推薦を受けた者は、ハンズオンセミナー受講を免除する。
  5. 本学会が主催または共催する大腸内視鏡スクリーニング検査の撮影法・診断法・医療安全等に関するセミナー講習または本学会が作成・配給するe-learning講習を受講し、修了証を得ていること。(セミナー開催情報はこちら
  6. 本学会の専門医有資格者は、大腸内視鏡スクリーニング認定医の要件を満たしているものとする

査料申請前にお振り込みください) ⇐ 本学会の専門医有資格者は振込不要

5,000円
振込先口座等については、下記の申請要項をご参照ください。

納入された審査料はいかなる事由があっても返還いたしません。

認定料事前の振込不要。合格者のみへ指定振込先口座をお知らせいたします)

5,000円

申請要項(2023年度)

申請前に必ず下記の申請要項(PDF)をご確認ください。

大腸内視鏡スクリーニング認定医申請要項

申請方法

2023年度よりオンラインでの申請となります。下記の「申請はコチラ」からご申請ください。

途中保存はできませんので、事前に下記情報をお手元にご用意してください。

【入力項目】

  • 会員番号
  • 氏名
  • 生年月日
  • 勤務先情報(住所、電話番号)
  • メールアドレス※1
  • 医師免許取得年
  • 医籍番号
  • 学歴(医学部卒~)
  • 職歴
  • 申請者個人の大腸内視鏡検査数※2, 3

※1会員情報に登録されているアドレスへ連絡いたします。登録情報をご確認の上、変更がある場合は、事前にマイページよりご変更対応をお願いいたします。

※2大腸内視鏡検査数が300例以上であること。

※3厳密な件数が確認できない場合は、算出の根拠を記入すること。

 

 【提出書類(データJPGまたはPDFなど)】 ⇐ 本学会の専門医有資格者は提出不要

注)ZIPファイルにて一括でアップロードするかたちとなります。

  • 医師免許証の写真データ(JPGまたはPDF)
  • 下部(大腸)内視鏡スクリーニング認定医教育セミナーe-learningでの受講証明書(PDF)
  • 審査料振込証明書の写真データ(JPGまたはPDF)
  • 大腸ハンズオンセミナー受講証明書(PDF)
  • 推薦書(自筆署名)

上記の認定基準4を参照

 

⇒ 申請はコチラ 2023年度の申請受付は終了いたしました。

注)申請後、受領メールが届かない場合は、申請エラーなどの恐れがありますので、ヘルプデスク(helpdesk@jges-seminar.com)までご連絡ください。

第107回日本消化器内視鏡学会総会

今後のイベント