一般社団法人 日本消化器内視鏡学会 Japan Gastroenterological Endoscopy Society

医療関係のみなさま

  1. TOP
  2. 医療関係のみなさま
  3. 学術集会・セミナー
  4. 今後の イベント

イベントを読み込み中

« All イベント

第8回 大腸ステント安全手技研究会

11月 23日 2:30 PM - 6:00 PM

代表世話人

斉田 芳久(東邦大学医療センター大橋病院 外科)

当番世話人

吉田 俊太郎(東京大学医学部附属病院 光学医療診療部)

会期

2019年11月23日(土)14:30~18:00

会場

スペースアルファ三宮 特大会議室

https://www.spacealpha.jp/sannomiya/

 

開会の辞(当番世話人挨拶) 3分

吉田 俊太郎 (東京大学医学部附属病院 光学医療診療部)

第1部  多くの留置経験に基づく大腸ステント留置術の問題点 【指定演題】 (発表:7分、質疑:3分)

司会:冨田 雅史(岸和田徳洲会病院 外科)

          白鳥 俊康(亀田総合病院 消化器内科)

 

1. 演題名:大腸ステント留置術における偶発症症例と経口摂取不能症例の検討

  演者名: 〇花畑憲洋、澤田洋平、島谷孝司、荒木康光、柿崎文郎、斎藤絢介、金澤浩介、沼尾宏、 棟方正樹

  所属機関名: 青森県立中央病院 消化器内科

 

2. 演題名:抗血栓薬内服患者における大腸ステント留置術の安全性

  演者名:〇藤澤剛太1)、吉田俊太郎1)2)、石橋嶺1)、中田史子1)2)、 近藤僚1)、成田明子1)2)、

      小田原成彬1)、 高原楠昊1)2)、白田龍之介1)、 木暮宏史1)、中井陽介1)2)、山田篤生1)、

      小池和彦1)

所属機関名: 1)東京大学消化器内科、2)東京大学医学部附属病院光学医療診療部

 

3. 演題名:当院におけるトラブルシューティングについて

  演者名:○隅田頼信、稲田泰亮 三島朋德1)2)、前原浩亮1)2)、友枝成1)2)、井星陽一郎1)2)、

      村尾寛之1)2)、原田直彦1)2)

  所属機関名:  国立病院機構九州医療センター 消化器科1)  ・臨床研究センター2) 

 

4. 演題名: 挿入時に変形をきたしたJLL大腸用ステント症例の経験と反省

  演者名: ○榎本俊行、長尾さやか、二渡信江、藤田翔平、柿崎奈々子、斉田芳久

  所属機関名: 東邦大学医療センター大橋病院 外科

 

5. 演題名: 悪性大腸狭窄に対する大腸ステント留置成績に関する検討-現状の問題点とトラブルシューティング-

  演者名: ○高雄暁成、小泉浩一、柴田理美、高橋慶一

  所属機関名: 都立駒込病院 消化器内科

第2部 一般演題 一般演題 【公募】 (発表:7分、質疑:3分)

司会:池田 聡(県立広島病院 消化器・乳腺・移植外科)

           石橋 嶺(東京大学 消化器内科)

 

1. 演題名: ステント留置後の内視鏡検査に関連する穿孔が疑われた1例

  演者名: 〇峠香苗、桑井寿雄、森内里歩、和田薫、小西宏奈、三浦崚一、田丸弓弦、楠龍策、山口厚、

      河野博孝、 高野弘嗣

  所属機関名: 国立病院医機構 呉医療センター・中国がんセンター消化器内科

 

2. 演題名: 悪性大腸狭窄症例に対するHANAROSTENT® NaturfitTMの治療成績-地方病院での検討

  演者名: 〇今川貴之1)、久居弘幸1)、櫻井 環1)、小柴 裕1)、小野賢人1)、

      川崎亮輔2)、行部 洋2)、吉田直文2)

  所属機関名: 1) 伊達赤十字病院 消化器科 2) 伊達赤十字病院 外科

 

3. 演題名: JLL大腸用ステント前向き症例集積試験の進捗報告

  演者名: 〇村上敬、坂本直人、伊佐山浩通

  所属機関名: 順天堂大学医学部附属順天堂医院 消化器内科 

 

4. 演題名: 当院においてBTS目的に大腸ステントを留置した90例中、術後内視鏡で吻合部口側に認めた病変数と

      今後の課題

  演者名: ○冨永晋太郎、前川直志、加藤宏紀、杉山斉、小嶋健太郎、 伊藤達也、二宮淳、桑原好造、

      水谷哲也、小林真、矢野元義

  所属機関名: 市立四日市病院 消化器内科

 

5. 演題名: 当院における大腸ステント留置を契機にした急変症例

  演者名: ○吉村茂修、白鳥俊康、中路聡

  所属機関名: 亀田総合病院 消化器内科

 

6. 演題名: 東京女子医科大学病院におけるBTSを目的としたSEMS留置の現状

  演者名: ○前田文1)、大木岳志1)、大森鉄平2)、大平慧2)、神林玄隆2)、村杉瞬2)、谷公孝1)、

      中川了輔1)、 伊藤亜由美2)、腰野蔵人1)、番場嘉子1)、米沢麻利亜2)、高山敬子2)、

      小川真平1)、井上雄志1)、板橋道朗2)、徳重克年2)、山本雅一2)

  所属機関名: 1)東京女子医科大学消化器病センター外科 2)東京女子医科大学消化器病センター内科

 

7. 演題名 : 留置時に口側に引き込まれた大腸ステントは許容されるか?

  演者名: 〇関口久美子1)、松田明久2)、松本智司1)、櫻澤信行1),川野陽一1),篠塚恵理子1),

      鈴木英之1),吉田寛2)

  所属機関名: 1)日本医科大学千葉北総病院 外科・消化器外科 2)日本医科大学付属病院 消化器外科

 

8. 演題名: ステント不全に対して経肛門イレウス管にて減圧しBTSが可能となった一例

  演者名: ○池村京之助、旗手和彦、桑野紘治、大越悠史、横田和子、金澤秀紀、金田悟郎

  所属機関名: 国立病院機構相模原病院 外科

第3部 大腸ステントのあらたな展開 【指定演題+公募】 (発表:7分、質疑:3分)

司会:山岸 茂(藤沢市民病院 消化器外科)

   花畑 憲洋(青森県立中央病院 消化器内科)

 

1. 演題名:大腸ステント留置後も減圧出来なかった一例
  演者名:○田澤智彦、市田親正、佐々木亜希子、木村かれん、西野敬祥、田崎潤一、増田作栄、小泉一也、

      賀古眞

  所属機関名: 湘南鎌倉総合病院 消化器病センター

 

2. 演題名: 閉塞性大腸癌に対する大腸ステント留置後化学療法の実際と今後の展開

  演者名: 〇吉田俊太郎1)2)、石橋嶺1)、中田史子1)2)、 近藤僚1)、成田明子1)2)、藤澤剛太1)、

      小田原成彬1)、高原楠昊1)、白田龍之介1)、木暮宏史1)、中井陽介1)2)、山田篤生1)、

      小池和彦1)

  所属機関名: 1)東京大学消化器内科、2)東京大学医学部附属病院光学医療診療部

 

3. 演題名: 大腸ステントの2点マーカ留置法について

  演者名: ○隅田頼信、稲田泰亮 三島朋德、前原浩亮、友枝成、井星陽一郎、村尾寛之、原田直彦

  所属機関名: 国立病院機構九州医療センター 消化器科・臨床研究センター

 

4. 演題名: 大腸良性狭窄に対する大腸ステント留置の経験

  演者名: ○長尾さやか、榎本俊行、二渡信江、藤田翔平、斉田芳久

  所属機関名: 東邦大学医療センター大橋病院 外科 

第4部 特別講演 (講演:25分、質疑:10分)

「大腸ステントのmechanical property」

司会:斉田 芳久(東邦大学医療センター 大橋病院 外科)

講演:がん研有明病院 肝胆膵内科   佐々木 隆

 

次回(第9回)当番世話人 挨拶  

 

閉会の辞(代表世話人統括) 2分

斉田 芳久 (東邦大学医療センター大橋病院 外科) 

詳細

日付:
11月 23日
時間:
2:30 PM - 6:00 PM
イベントカテゴリー: