一般社団法人 日本消化器内視鏡学会 Japan Gastroenterological Endoscopy Society

  1. TOP
  2. 医療関係のみなさま
  3. 学術集会・セミナー
  4. 第9回 大腸ステント安全手技研究会
イベントを読み込み中

« イベント一覧

  • このイベントは終了しました。

第9回 大腸ステント安全手技研究会

11月 5日 2:30 PM - 6:00 PM

代表世話人

斉田芳久(東邦大学医療センター大橋病院 外科)

当番世話人

大木岳志(東京女子医科大学 消化器・一般外科)

会期

2021年11月5日(金)14:30〜18:00

会場

スペースアルファ三宮 特大会議室

参加方法

現地開催

問い合わせ先

〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1
東京女子医科大学消化器病センター医局
腰野蔵人、大木岳志
Tel: 03-3353-8111 Fax: 03 5269-7507

E-mail: ohki.takeshi@twmu.ac.jp

研究会ホームページ:https://colon-stent.com/001_mainpage_ja.html

 

開会の辞(当番世話人挨拶)(14:30-14:33)

大木 岳志(東京女子医科大学 消化器 ・ 一般外科)

第1部 主題演題Ⅰ ステント留置後の化学療法 各7分(14:33-14:55

座長:松田 明久 (日本医科大学 消化器外科)
   桑井 寿雄 (呉医療センター・中国がんセンター 消化器内科)

1.大腸ステント留置後の化学療法を行った4 例
  福島県立医科大学会津医療センター 小腸大腸肛門科
  ○五十畑 則之、遠藤 俊吾、根本 鉄太郎、根本 大樹、愛澤 正人、歌野 健一、冨樫 一智
2.当院での大腸ステント留置症例に対する化学療法のストラテジー
  横浜新緑総合病院 消化器センター 外科
  〇植田 吉宣、齊藤 修治、宮島 綾子、佐々木 一憲、江間 玲、平山 亮一、大塚 亮
3.当院における大腸ステントを留置した胆膵がんに対する化学療法の成績
  がん研究会有明病院 肝胆膵内科 1)、下部消化管内科 2)
  〇森 千奈津 1)、佐々木 隆 1)、古川 貴光 1)、三重 尭文 1)、山田 悠人 1)、岡本 武士 1)、武田 剛志 1)、
  春日 章良 1)、松山 眞人 1)、尾阪 将人 1)、斎藤 彰一 2)、笹平 直樹 1)

第2部  主題演題Ⅱ Bridge to Surgery(BTS)の現状と問題点 各7分(14:55-15:45)

座長:遠藤 俊吾 (福島県立医科大学会津医療センター 小腸大腸肛門科)
   石橋 嶺 (東京大学医学部附属病院 消化器内科)

4.閉塞性大腸癌に対する術前大腸ステント留置術と全大腸内視鏡検査の治療成績
  がん・感染症センター 都立駒込病院 消化器内科 1)、大腸外科 2)、病理科 3)、内視鏡科 5)、
  多摩北部医療センター 内科 4)
  〇清水口 涼子 1)、髙雄 暁成 1)、柴田 理美 1)、夏目 壮一郎 2)、髙雄 美里 2)、山口 達郎 2)、中野 大輔 2)、
   堀口 慎一郎 3)、小泉 浩一 4)、飯塚 敏郎 5)
5.閉塞性大腸癌に対する BTS ステントの当院での長期成績
  独立行政法人 国立病院機構 呉医療センター・中国がんセンター 消化器内科
  ○楠 龍策、桑井 寿雄、菅田 修平、浜田 拓郎、森内 里歩、和田 薫、田丸 弓弦、山口 厚、
   河野 博孝、高野 弘嗣
6.当院における閉塞性大腸癌と Bridge to Surgery の現状
  東京女子医科大学 消化器・一般外科 1)、消化器内科 2)
  〇腰野 蔵人 1)、大木 岳志 1)、中川 了輔 1)、近藤 宏佳 1)、相原 永子 1)、前田 文 1)、谷 公孝 1)、番場 嘉子 1)、小川 真平 1)、

   金子 由香 1)、板橋 道朗 1)、山口 茂樹 1)、大森 鉄平 2)、村杉 瞬 2)、高山 敬子 2)
7.進行大腸癌に対するステント留置術の現状と課題
  長崎大学病院 消化器内科 1)、光学医療診療部 2)
  〇平 光寿 1)、山口 直之 1)2)、塩田 純也 1)、赤司 太郎 1)、田渕 真惟子 1)2)、北山 素 1)、橋口 慶一 1)、
   松島 加代子 1)、赤澤 祐子 1)、中尾 一彦 1)
8.Bridge to Surgery(BTS)の現状と問題点
  八王子消化器病院 消化器外科 1)、消化器内科 2)
  〇渋谷 豪 1)、森下 慶一 2)、坂本 承 1)、伴野 繁雄 2)、原 敏文 2)、尾﨑 雄飛 1)、斎田 真 1)、小池 伸定 1)、
   林 恒男 1)、今泉 俊秀 1)、原田 信比古 1)
9.当科における Bridge to Surgery (BTS) の現状
  埼玉医大総合医療センター 消化管・一般外科
  ○幡野 哲、近谷 賢一、伊藤 徹哉、近 範泰、石畝 亨、松山 貴俊、石橋 敬一郎、持木 彫人、
   石田 秀行
10.右側閉塞性大腸癌に対する大腸ステント留置後手術の有用性-自験例とメタ解析から-
  日本医科大学武蔵小杉病院 消化器外科 1)、日本医科大学付属病院 消化器外科 2)、日本医科大学千葉北総病院 外科・消化器外科 3)
  ○香中 伸太郎 1)、松田 明久 2)、山田 岳史 2)、横山 康行 1)、松本 智司 3)、太田 竜 2)、園田 寛道 2)、
   進士 誠一 2)、岩井 拓磨 2)、武田 幸樹 2)、関口 久美子 3)、吉田 寛 1

休憩 10分

第3部 一般演題 各5分(15:55-16:20)

座長:山田 智則 (名古屋第二赤十字病院 消化器内科)
   隅田 頼信 (北九州市立医療センター 消化器内科)

11.腹膜播種による長い狭窄に対してステント留置した1 例
  独立行政法人 国立病院機構 呉医療センター・中国がんセンター 消化器内科
  ○浜田 拓郎、桑井 寿雄、菅田 修平、森内 里歩、和田 薫、田丸 弓弦、楠 龍策、山口 厚、
   河野 博孝、高野 弘嗣
12.当院における各種大腸ステントの有効性と安全性の比較
  東京西徳洲会病院 消化器内科 1)、外科 2)
  〇山本 龍一 1)、岩立 竜 1)、梅木 諒二 2)、小川 竜弥 2)、山口 修央 2)、賀 亮 2)、飯島 広和 1)、
   髙木 睦郎 1)、渡部 和巨 2)
13.大腸吻合部狭窄に対するカバードステントの使用経験
  東邦大学医療センター 外科 1)、東邦鎌谷病院 2)、横浜総合病院 3)
  〇長尾 さやか1)、榎本 俊行 2)、柿崎 奈々子 1)、橋本 瑤子 3)、斉田 芳久 1)
14.回盲部閉塞に対する大腸ステント留置の工夫 – 回転式パピロトームおよびシングルバルーン内視鏡の使用
  府中病院 消化器内科
  ○武田 修身、大野 瑞希、木下 沙樹、武田 理紗、吉川 馨介、吉田 早希、山本 圭以、中村 吉宏、
   久松 美友紀、南 知宏、谷 優、半野 元、髙栁 成徳、土細工 利夫
15.S 状結腸進行大腸癌に対しステント留置後化学療法によりステント逸脱を生じた一例
  東京女子医科大学 大学消化器内科 1)、消化器 ・ 一般外科 2)
  〇大森 鉄平 1)、高山 敬子 1)、大木 岳志 2)、中川 了輔 2)、前田 文 2)、腰野 蔵人 2)、井上 雄志 2)、
   山口 茂樹 2)、徳重 克年 1)

第4部 ミニレクチャー (16:20-17:00)

座長:大木 岳志 (東京女子医科大学 消化器 ・ 一般外科)

Ⅰ.アンケート報告(ミニガイドラインの現状について)(5 分)
  腰野 蔵人 (東京女子医科大学 消化器 ・ 一般外科)
Ⅱ.ミニガイドラインを振り返る(15 分)
  佐々木 隆 (がん研究会有明病院 肝胆膵内科)
Ⅲ.ESGE のクリニカルガイドラインについて(10 分)
  齋藤 修治 (横浜新緑総合病院 消化器センター 外科)
Ⅳ.大腸ステントの導入ガイド(10 分)
  花畑 憲洋 (青森県立中央病院 消化器内科)

第5部 特別講演 (17:00-17:30)

 座長:斉田 芳久 (東邦大学医療センター大橋病院 外科) 
    
Ⅰ.大腸ステント挿入後の大腸癌化学療法
  倉持 英和 (東京女子医科大学 化学療法・緩和ケア科)
Ⅱ.大腸ステント黎明期を振り返って
  板橋 道朗 (東京女子医科大学 消化器 ・ 一般外科)

次回(第 10 回)当番世話人 挨拶 2分

閉会の辞(代表世話人統括)3分

斉田 芳久 (東邦大学医療センター大橋病院 外科)

詳細

日付:
11月 5日
時間:
2:30 PM - 6:00 PM
イベントカテゴリー: