一般社団法人 日本消化器内視鏡学会 Japan Gastroenterological Endoscopy Society

  1. TOP
  2. 医療関係のみなさま
  3. 学術集会・セミナー
  4. 今後の イベント
イベントを読み込み中

« All イベント

  • このイベントは終了しました。

第85回 日本消化器内視鏡学会総会

2013年5月10日 - 2013年5月12日

会長:

 春間 賢(川崎医科大学 消化管内科学教授)

会期:

 2013(平成25)年5月10日(金)~5月12日(日)

会場:

 国立京都国際会館

 

メインテーマ
科学する内視鏡 ~あなたには何が見え、何をみますか?~

この度、平成25年5月10日(金曜日)、11日(土曜日)、12日(日曜日)に、国立京都国際会館において、第85回日本消化器内視鏡学会総会を主催させていただくこととなりました。ついに総会を運営し、皆様のお世話をさせて頂く歳になりました。私は大学病院で内科一般の研修を終え、胃癌を中心とした形態診断学の道へ進みました。その後、消化管癌の早期診断と治療、さらに、消化器疾患の発生母地に興味を持ち、診療と研究を続けてまいりました。特に、消化性潰瘍や胃癌の発生母地となる胃炎について、内視鏡や病理組織による形態診断、胃酸分泌やガストリン動態、また、ヘリコバクター・ピロリ感染症の立場から、疫学、発生病態、疾患特異性について研究を続けております。

消化器領域における内視鏡検査は、画像強調や拡大内視鏡など著しく進歩し、数mmの小さな癌をも診断できるレベルに達しています。また、治療手技や処置具の開発と改良により、内視鏡的治療も日々進歩しております。この度開催させて頂きます総会のテーマは、「科学する内視鏡―あなたには何がみえ、何をみますか」とさせて頂きました。日々多く行われている内視鏡検査ですが、基本に基づき、安全で正確、かつ患者さんに優しい検査でなければなりません。実地医家の先生方が参加し易いように土曜日、日曜日を会期に入れておりますし、プログラムには実地医家の先生方が参加、発表し、学んで頂ける主題や講演を多く企画しております。一方、内視鏡検査は疾患の診断や治療の手技だけでなく、周りをみることにより様々な疾患の発生母地やその発生リスクを評価することが出来ます。また、胃生検組織を用いることにより、広い視野から病態を解明することができますし、技術やアイデアの進歩とともに、無限に発展させることが出来ます。そこで、私が求めております「内視鏡のもつ科学」をテーマの最初に付けさせて頂きました。会期中には海外の若い先生方を招聘し、一緒に討論し、また、日本の内視鏡学を学んで頂く場も企画しております。

5月の京都は観光にも適しております。多くの先生方にご参加頂き、活発な討議がなされることを心よりお願い申し上げます。

第85回日本消化器内視鏡学会総会会長

春間 賢

第85回 日本消化器内視鏡学会総会 プログラム(案)

【理事長講演】

  • 『日本消化器内視鏡学会―これまでとこれから』
    • 上西紀夫(日本消化器内視鏡学会 理事長/公立昭和病院 院長)
      司会:跡見 裕(杏林大学 学長)

【会長講演】

  • 『わくわく、どきどき、ふらふら、はらはら、ねばねば、私の内視鏡道―その先にみえたものは?―』
    • 春間 賢(川崎医科大学消化管内科学)
      司会:上西紀夫(日本消化器内視鏡学会 理事長/公立昭和病院 院長)

【特別講演】

  • 1.『ロボット時代の創造』
    • 高橋智隆(東京大学先端科学技術研究センター/株式会社ロボ・ガレージ代表取締役)
      司会:寺野 彰(獨協学園 理事長/獨協医科大学 名誉学長)
  • 2.『わが国から胃癌死を撲滅するまでのカウントダウン―The Finals』
    • 浅香正博(北海道大学大学院医学研究科 がん予防内科学講座)
      司会:榊 信廣(早期胃癌検診協会)
  • 3.『胃がん撲滅に対する公明党の取り組み
       ―ヘリコバクター・ピロリ菌除菌に対する薬事承認と保険適用への道のり―』
    • 秋野公造(公明党参議院議員、長崎大学客員教授)
      司会:浅香正博(北海道大学大学院医学研究科 がん予防内科学講座)
  • 4.『日本の消化器内視鏡史を振り返って』
    • 丹羽寛文(日本消化器内視鏡学会・名誉理事長・最高顧問/聖マリアンナ医科大学客員教授)
      司会:鈴木博昭(東京慈恵会医科大学 客員教授)

【招待講演】

  • 1.『Advanced Imaging in Barrett’s esophagus』
    • Prateek Sharma(Professor of Medicine University of Kansas School of Medicine, Kansas City, USA)
      司会:藤野雅之(蓮根ロイヤルクリニック 院長/山梨大学名誉教授)
  • 2.『消化器内視鏡のパラダイムシフト:研究から実践へ』
    • 田尻久雄(東京慈恵会医科大学内科学講座 消化器・肝臓内科/内視鏡科 主任教授)
      司会:八尾恒良(医療法人佐田厚生会佐田病院 名誉院長)
  • 3.『Clinical approach to the management of IBD』
    • Simon Travis(Translational Gastroenterology Unit, John Radcliffe Hospital, Oxford, UK)
      司会:松井敏幸(福岡大学筑紫病院 消化器科)
  • 4.『Colorectal cancer in Brazil』
    • Claudio Rolim Teixeira(Gastroenterology, Rio Grande University, Brazil)
      司会:吉原正治(広島大学保健管理センター)
  • 5.『消化器病学からみた消化器内視鏡医へのメッセージ』
    • 菅野健太郎(自治医科大学内科学講座 消化器内科学部門)
      司会:上西紀夫(日本消化器内視鏡学会 理事長/公立昭和病院 院長)
  • 6.『炎症性腸疾患に対する治療の進歩と“粘膜治癒”の意義』
    • 日比紀文(慶應義塾大学医学部 消化器内科)
      司会:朝倉 均(新潟大学名誉教授/こうかんクリニック 院長)
  • 7.『消化器癌組織発生における病理診断と遺伝子異常』
    • 八尾隆史(順天堂大学大学院医学研究科 人体病理病態学)
      司会:千葉 勉(京都大学大学院医学研究科 消化器内科学)
  • 8.『Recent Advances in Endoscopy in the Asian-Pacific Region』
    • William S. C. Chao(Prince of Wales Hospital, Hong Kong, China)
      司会:丹羽寛文(日本消化器内視鏡学会・名誉理事長・最高顧問/聖マリアンナ医科大学客員教授)
  • 9.『Screening for Familial Pancreatic Cancer』
    • Paul Fockens(Department of Gastroenterology & Hepatology, Academic Medical Center, University of Amsterdam, the Netherlands)
      司会:藤田力也(昭和大学名誉教授/癌研有明病院顧問/三喜会理事長)
  • 10.『Advances in Imaging of Barrett’s Esophagus』
    • Michael B.Wallace(Professor of Medicine, Mayo Clinic Florida, USA)
      司会:春間 賢(川崎医科大学消化管内科学)

【指定講演】

  • 1.『消化管の三次元画像診断:大腸3D-CTの現状と展望』
    • 吉田広行(3D Imaging Research, Department of Radiology, Massachusetts General Hospital and Harvard Medical School, USA)
      司会:中澤三郎(山下病院 名誉院長)
  • 2.『肥満症に対する内視鏡下治療の現状と問題点』
    • 北野正剛(大分大学 学長)
      司会:北島政樹(国際医療福祉大学 学長)
  • 3.『遺伝性大腸癌の治療』
    • 渡邉聡明(東京大学大学院医学系研究科・医学部 外科学専攻 臓器病態外科学講座 腫瘍外科学)
      司会:飯田三雄(公立学校共済組合 九州中央病院 病院長)
  • 4.『食道アカラシアの内視鏡治療POEM』
    • 井上晴洋(昭和大学横浜市北部病院 消化器センター)
      司会:幕内博康(東海大学医学部付属病院)

【教育講演】

  • 1.『上部消化管腫瘍に対するESDとその先にみえるもの』
    • 藤城光弘(東京大学医学部附属病院 光学医療診療部)
      司会:比企能樹(北里大学 名誉教授)
  • 2.『消化管リンパ腫の診断と治療』
    • 中村昌太郎(九州大学 先端医療イノベーションセンター)
      司会:芳野純治(藤田保健衛生大学 坂文種報徳會病院 内科)
  • 3.『胃カルチノイドの取り扱い』
    • 細川 治(横浜栄共済病院外科)
      司会:渡辺英伸(新潟大学 名誉教授/株式会社ピーシーエルジャパン病理・細胞診センター 特別顧問)
  • 4.『カプセル内視鏡の基本と最新情報』
    • 中村哲也(獨協医科大学 医療情報センター)
      司会:坂本長逸(日本医科大学 消化器内科学)
  • 5.『内視鏡医に役立つ統計学』
    • 山本精一郎(国立がん研究センター がん対策情報センター)
      司会:三浦総一郎(防衛医科大学校)
  • 6.『膵腫瘍に対する腹腔鏡下治療』
    • 中村雅史(川崎医科大学 消化器外科)
      司会:田中雅夫(九州大学大学院医学研究院 臨床・腫瘍外科)
  • 7.『消化管のEUS』
    • 村田洋子(ムラタクリニック)
      司会:西元寺克禮(北里大学 名誉教授/北里大学東病院 内科)
  • 8.『消化器内視鏡における感染対策』
    • 佐藤 公(山梨大学医学部 第一内科・光学医療診療部)
      司会:春日井邦夫(愛知医科大学病院 消化器内科 内視鏡センター)
  • 9.『Barrett食道腺癌内視鏡診断の現況と展望』
    • 天野祐二(国際医療福祉大学 化学療法研究所附属病院 内視鏡部)
      司会:三輪洋人(兵庫医科大学 消化器内科 上部消化管科)
  • 10.『緊急医療における内視鏡診断と治療』
    • 久山 泰(帝京大学医学部附属病院内科)
      司会:荒川哲男(大阪市立大学大学院医学研究科 消化器内科学)
  • 11.『消化器内視鏡医における臨床研究のあり方、進め方』
    • 古田隆久(浜松医科大学 臨床研究管理センター)
      司会:渡辺 守(東京医科歯科大学 消化器内科)
  • 12.『内視鏡を用いた上部消化管運動機能の評価』
    • 楠 裕明(川崎医科大学 総合臨床医学)
      司会:城 卓志(名古屋市立大学大学院医学研究科 消化器・代謝内科学)

【特別企画-ゴールへの道】

  • 1.『早期胃癌ESD困難例克服のコツ』
    • 後藤田卓志(東京医科大学 消化器内科)
      司会:柳井秀雄(国立病院機構 関門医療センター 臨床研究部)
  • 2.『小腸ダブルバルーンによる内視鏡治療のコツ』
    • 山本博徳(自治医科大学附属病院 消化器センター)
      司会:畠 二郎(川崎医科大学附属病院 内視鏡・超音波センター)
  • 3.『軸保持短縮法―3Sテクニック―と微小病変の見つけ方』
    • 工藤進英(昭和大学横浜市北部病院 消化器センター)
      司会:吉田茂昭(青森県立中央病院 院長)
  • 4.『胆膵内視鏡、EUS、EUS-FNA ― Tips and Tricks ―』
    • 木田光広(北里大学東病院 消化器内科)
      司会:杉山政則(杏林大学医学部附属病院 消化器・一般外科)
  • 5.『安全・確実な食道ESD』
    • 小山恒男(佐久総合病院 胃腸科)
      司会:吉田 操(公益財団法人 早期胃癌検診協会 理事長)

【特別パネルディスカッション】

  • 『心も技術も豊かな内視鏡診療とは?―診療技術の改革と開発を求めて』
    • 司会:田尻久雄(東京慈恵会医科大学内科学講座 消化器・肝臓内科/内視鏡科 主任教授)
      上村直実(国立国際医療研究センター国府台病院 院長)
  • 基調講演『ダブルバルーン内視鏡の開発経緯と普及に関する問題点』
    • 山本博徳(自治医科大学附属病院 消化器センター)
  • 1)『医療機器開発に対する医師の視点、企業の視点、規制の視点、国民の視点』
    • 久津見弘(神戸大学大学院 消化器内科)
  • 2)『【診療報酬改定】医療技術の保険収載について』
    • 待鳥詔洋(国立国際医療研究センター国府台病院 放射線科)
  • 3)『学会主導で先進医療を利用した大腸ESDの研究成果』
    • 田中信治(広島大学病院 内視鏡診療科)
  • 4)『無床内視鏡クリニックの役割と課題』
    • 青山伸郎(青山内科クリニック(胃大腸内視鏡/IBDセンター))
  • 5)『米国における医療機器開発の現状と医師の役割および臨床研究の進め方』
    • 深見悟生(Associate Professor of Medicine Co-Director, Endoscopy Division of Gastroenterology & Hepatology University of Colorado Denver, USA)

【国際シンポジウム】

  • 1.The 4th ESGE-JGES Joint Symposium※同時通訳あり
      『Endoscopic therapy of pancreatic and biliary diseases』
    • Moderator:Naotaka Fujita(Department of Gastroenterology, Sendai City Medical Center, Sendai Open Hospital, Sendai, Japan)
      Paul Fockens(Department of Gastroenterology & Hepatology, Academic Medical Center, University of Amsterdam, the Netherlands)
  •   1)A Japanese Multicenter Retrospective Study of Endoscopic Ultrasound-guided Biliary Drainage (EUS-BD) for Malignant Biliary Obstruction
    • Hiroyuki Isayama(Department of Gastroenterology, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo, Japan)
  •   2)Interventional EUS for pancreatic diseases
    • Ichiro Yasuda(First Department of Internal Medicine, Gifu University, Gifu, Japan)
  •   3)Endosonography-guided biliary drainage for malignant biliary stricture
    • Kei Ito(Department of Gastroenterology, Sendai City Medical Center, Sendai, Japan)
  •   4)The endoscopic deployment of multiple metallic stents using partial stent-in-stent procedure is feasible and effective in the treatment of the malignant hilar biliary strictures
    • Hirofumi Kawamoto(Department of General Internal Medicine 2, Kawasaki Medical School, Okayama, Japan)
  •   5)EUS-guided pancreatic duct access
    • Takao Itoi(Department of Gastroenterology and Hepatology, Tokyo Medical University, Tokyo, Japan)
  •   6)Pancreatic fluid collections
    • Marianna Arvanitakis(Department of Gastroenterology, Erasme University Hospital, Brussels, Belgium)
  •   7)Endoscopic treatment of chronic pancreatitis
    • Jan-Werner Poley(Gastroentero logist Erasmus MC, Rotterdam, Netherlands)
  •   8)Diagnostic and interventional EUS in the pancreatobiliary tract
    • Julio Iglesias-Garcia(EUS and Pancreas Unit. Gastroenterology Department. Foundation for Research in Digestive Diseases. University Hospital of Santiago de Compostela, Spain)
  • 2.Young Endoscopic Researchersʼ Symposium
      『Epidemiology and treatment of upper and lower GI bleeding』
    • Moderator:Hidekazu Suzuki(Department of Gastroenterology and Hepatology, Keio University School of Medicine, Japan) Mitsuhiro Fujishiro(Department of Endoscopy and Endoscopic Surgery, Graduate School of Medicine, the University of Tokyo, Japan)
      Akiko Shiotani(Department of Gastroenterology, Kawasaki Medical School, Japan)
  •   1)Upper gastrointestinal bleeding : a single institution’s data
    • Lam Tung Nguyen(Military Central Hospital 108, Hanoi, Vietnam)
  •   2)Changes in etiology and risk factors of upper gastrointestinal bleeding in Jiangsu, China from 1992 to 2011.
    • Rui Li(Department of Gastroenterology. The First Affiliated Hospital of Soochow University, Suzhou, China)
  •   3)Blatchford scoring system for predicting high risk lesions in patients with non-variceal upper gastrointestinal hemorrhage : Multi-center study in Thailand(THAI UGIB STUDY-2010)
    • Rungsun Rerknimitr(Division of Gastroenterology, Chulalongkorn University, Thailand)
  •   4)Epidemiology and treatment of Upper GI bleeding
    • Philip WaiYan Chiu(Professor, Institute of Digestive Disease and Director, CUHK Jockey Club Minimally Invasive Surgical Skills Center, The Chinese University of Hong Kong, Hong Kong)
  •   5)Mortality Trends in Upper Gastrointestinal Bleeding in Brazil
    • Daniela M. M. Cardoso(Digestive Endoscopy Division. Digestive Cancer Department. Cancer Combat Association of Goiás. Goiás, Brazil.)
  •   6)Upper Non-Variceal Gastrointestinal Bleeding in Italy : Epidemiology, Treatment and Factors Affecting the Clinical Outcome.
    • Emanuele Rondonotti(Gastroenterology Unit, Ospedale Valduce, Como, Italy)
  •   7)Epidemiology and treatment of upper GI bleeding in the UK
    • Adam Bailey(Translational Gastroenterology Unit John Radcliffe Hospital, Oxford, UK)
  •   8)Upper GI bleeding in Europe – epidemiology and management
    • Lars Aabakken(Professor of Medicine, chief of GI Endoscopy Rikshospitalet Oslo, Norway)
  •   9)Epidemiology of Acute Gastrointestinal Bleeding : Results from 1-year Survery in a Refereal Center In Spain
    • Alberto Herreros de Tejada(Department of Gastroenterology, Puerta de Heirro Hospital, Autonoma University, Madrid, Spain)
  •   10)Epidemiology and Treatment of Upper and Lower Gastrointestinal Bleeding
    • Frederick T. Dy(University of Santo Tomas Hospital, Manila, Philippines)
  •   11)Epidemiology and treatment of gastrointestinal bleeding in South Korea
    • Sun-Young Lee(Department of Internal Medicine, Konkuk University School of Medicine, Seoul, Korea)
  •   12)The role of transcatheter angiographic embolization in the treatment of nonvariceal upper gastrointestinal bleeding after failed endotherapy
    • Tiing Leong Ang(Department of Gastroenterology, Changi General Hospital, Singapore)
  • 3.The 8th Japan-Sino Symposium on Digestive Endoscopy
      『Current Status of Therapeutic Endoscopy』
       ※都合によりセッションは中止となりました。
      1)「EUS guided interstitial therapy of pancreatic cancer」
    • SUN Siyu(Shengjing Hospital of China Medical University, China)
      Moderator:Zhaoshen LI(Department of Gastroenterology、Changhai Hospital, Shanghai, China)
  •   2)「Early Detection and Treatment of Esophageal Cancer in China」
    • WANG Guiqi(Cancer Hospital (Institute), Chinese Academy of Medical Sciences, Peking Union Medical College, China)
      Moderator:Shutian ZHANG(Beijing Friendship Hospital, Capital University of Medical Scienses, China)
  •   3)Needle-knife precut sphincterotomy is an effective and safe technique in difficult biliary cannulation of ERCP
    • Fachao ZHI(Int. of Gastroenterology, Nanfang Hospital, Southern Medical University, Guangzhou, China)
      Moderator:Xu REN(Heilongjiang Provincial Hospital, China)
  •   4)Small-bowel endoscopy : Eastern meets Western
    • LIAO Zhuan(Changhai Hospital, Shanghai, China)
      Moderator:Enqiang LINGHU(Chinese PLA General Hospital, China)
  •   5)POEM (Peroral endoscopic myotomy) for esophageal achalasia – 290 cases experience
    • Haruhiro Inoue(Digestive Disease Center, Showa University Northern Yokohama Hospital, Japan)
      Moderator:Hiroshi Takahashi(The division of Gastroenterology, Showa University Fujigaoka Hospital, Japan)
  •   6)Minimally invasive treatment of colorectal tumors by ESD
    • Naohisa Yahagi(Cancer Center, Keio University School of Medicine, Japan)
      Moderator:Hisao Tajiri(Professor of Medicine, Division of Gastroenterology and Hepatology, Department of Internal Medicine and Department of Endoscopy, The Jikei University School of Medicine, Japan)
  •   7)Current status of EUS-guided pancreatic pseudocyst drainage
    • Takao Itoi(Department of Gastroenterology and Hepatology, Tokyo Medical University, Japan)
      Moderator:Tetsuya Mine(Division of Gastroenterology and Hepatology, Department of Internal Medicine, University of Tokai School of Medicine, Japan)
  •   8)Progress in therapeutic interventional EUS for pancreatic disease
    • Atsushi Irisawa(Department of Gastroenterology. Fukushima Medical University Aizu Medical Center, Japan)
      Moderator:Yoshinori Igarashi(Division of Gastroenterology and Hepatology, Toho University Omori Medical Center, Japan)

【シンポジウム】

  • S1.『長期経過からみた食道癌の治療選択』
    • 司会:門馬久美子(がん・感染症センター都立駒込病院 内視鏡科)
      小澤壯治(東海大学医学部 消化器外科)
  • S2.『胃がん撲滅に向けた内視鏡的胃炎の意義』
    • 司会:加藤元嗣(北海道大学病院 光学医療診療部)
      鎌田智有(川崎医科大学 消化管内科学)
      特別発言:三木一正(日本胃がん予知・診断・治療研究機構 理事長)
  • S3.『咽頭・喉頭領域の内視鏡』
    • 司会:武藤 学(京都大学医学部附属病院 消化器内科)
      大森 泰(慶応義塾大学医学部 内視鏡センター)
      指定演者:楯谷一郎(京都大学大学院医学研究科 耳鼻咽喉科・頭頸部外科)
  • S4.『乳頭部腫瘍に対する内視鏡的アプローチ』
    • 司会:安田健治朗(京都第二赤十字病院 消化器内科)
      伊藤彰浩(名古屋大学医学部 消化器内科学)
  • S5.『クローン病治療における粘膜治癒の判定基準』
    • 司会:松本主之(九州大学大学院 病態機能内科学)
      岩男 泰(慶應義塾大学病院 予防医療センター)
  • S6.『バレット食道腺癌のスクリーニングをどのようにするか』
    • 司会:藤崎順子(がん研有明病院 消化器内科)
      大原秀一(東北労災病院消化器内科)
  • S7.『実地診療における内視鏡検査の工夫』
    • 司会:飯石浩康(大阪府立成人病センター 消化管内科)
      佐野 寧(佐野病院消化器センター)
      特別発言:竜田正晴(大阪府立成人病センター 内視鏡教育研修センター長)
  • S8.『実地医家における内視鏡診療の現況と課題』
    • 司会:増山仁徳(増山胃腸科クリニック)
      原田一道(医療法人社団 はらだ病院)
      特別発言:中田博也(なかた消化器・内科クリニック)
      総括発言:林田康男(公益財団法人 内視鏡医学研究振興財団 理事長)
      基調講演:多田正大(多田消化器クリニック)
      指定演者:大泉晴史(医療法人社団 至誠会 大泉胃腸科内科クリニック)
  • S9.『大腸IEEの新展開』
    • 司会:田中信治(広島大学病院 内視鏡診療科)
      斎藤 豊(国立がん研究センター中央病院消化管内視鏡科)
      特別発言:浦野泰照(東京大学大学院医学系研究科 生体情報学分野)
      指定演者:金子和弘(国立がん研究センター 東病院 消化管内視鏡科)

【パネルディスカッション】

  • PD1.『内視鏡を用いた分子病理学的診断』
    • 司会:塩谷昭子(川崎医科大学 消化管内科学)
      古田隆久(浜松医科大学 臨床研究管理センター)
      特別発言:東  健(神戸大学医学部消化器内科)
      基調講演:西尾和人(近畿大学医学ゲノム生物学)
  • PD2.『慢性膵炎に対する内視鏡治療の現状』
    • 司会:伊藤鉄英(九州大学大学院医学研究院 病態制御内科学 膵臓研究室)
      花田敬士(JA広島厚生連尾道総合病院 内視鏡センター)
      特別発言:中島正継(京都第二赤十字病院)
  • PD3.『生活習慣病と内視鏡』
    • 司会:中島 淳(横浜市立大学大学院 分子消化管内科学)
      草野元康(群馬大学医学部附属病院 光学医療診療部)
      特別発言:吉川敏一(京都府立医科大学 学長)
  • PD4.『潰瘍性大腸炎の長期経過』
    • 司会:金井隆典(慶應義塾大学病院 消化器内科)
      味岡洋一(新潟大学大学院 医歯学総合研究科 分子・診断病理学分野)
  • PD5.『カプセル内視鏡の現在と未来』
    • 司会:後藤秀実(名古屋大学大学院医学系研究科 消化器内科学)
      樋口和秀(大阪医科大学 消化器内科)
  • PD6.『小児における内視鏡診療の現況』
    • 司会:堀内 朗(昭和伊南総合病院 消化器病センター)
      新井勝大(国立成育医療研究センター)

【ワークショップ】

  • W1.『大腸SM癌の取り扱い』
    • 司会:平田一郎(藤田保健衛生大学医学部 消化管内科)
      斉藤裕輔(市立旭川病院 消化器病センター)
      特別発言:杉原健一(東京医科歯科大学 腫瘍外科)
  • W2.『胃粘膜下腫瘍の臨床的取扱い』
    • 司会:岡田裕之(岡山大学病院 光学医療診療部)
      永尾重昭(防衛医科大学校 光学医療診療部)
  • W3.『GERD診療と内視鏡 ―minimal changeの臨床的意義について―』
    • 司会:岩切龍一(佐賀大学医学部 光学医療診療部)
      眞部紀明(川崎医科大学 検査診断学(内視鏡・超音波))
      総括発言:藤原靖弘(大阪市立大学大学院医学研究科 消化器内科学)
  • W4.『大腸出血の診断と治療をめぐる諸問題』
    • 司会:赤松泰次(長野県立須坂病院)
      水野元夫(市立広島市民病院 内科)
  • W5.『膵嚢胞性疾患の診断と治療』
    • 司会:五十嵐良典(東邦大学医療センター大森病院 消化器内科)
      乾 和郎(藤田保健衛生大学坂文種報徳會病院 消化器内科)
  • W6.『胃静脈瘤治療を検証する』
    • 司会:小原勝敏(福島県立医科大学附属病院 内視鏡診療部)
      國分茂博(順天堂大学練馬病院 消化器内科)
  • W7.『新たな内視鏡的胃炎分類「Up dated 京都分類」をめざして』
    • 司会:井上和彦(川崎医科大学 総合臨床医学)
      村上和成(大分大学医学部 消化器内科)
      特別発言:竹本忠良(山口大学 名誉教授)
      指定演者:間部克裕(北海道大学病院 光学医療診療部)

【VTRシンポジウム】

  • VS1.『胃ESDにおける偶発症を予防するための施策』
    • 司会:小野裕之(静岡県立静岡がんセンター内視鏡科)
      上堂文也(大阪府立成人病センター 消化管内科)
      特別発言:北川雄光(慶應義塾大学医学部 一般・消化器外科)
  • VS2.『Interventional EUSの進歩』
    • 司会:良沢昭銘(昭和大学横浜市北部病院 消化器センター)
      入澤篤志(福島県立医科大学 会津医療センター準備室)
  • VS3.『大腸ESDにおける偶発症を予防するための施策』
    • 司会:山野泰穂(秋田赤十字病院 消化器病センター
      豊永高史(神戸大学医学部 消化器内科)
      特別発言:武藤徹一郎(がん研有明病院 名誉院長)
      基調講演:山本博徳(自治医科大学附属病院 消化器センター)
  • VS4.『食道ESDにおける偶発症とその対策』
    • 司会:貝瀬 満(虎の門病院 消化器内科)
      矢作直久(慶應義塾大学医学部 腫瘍センター 低侵襲療法研究開発部門)
      特別発言:幕内博康(東海大学医学部付属病院)

【症例検討】

  • 1.胃
    • 司会:丸山保彦(藤枝市立総合病院 消化器科)
      長南明道(仙台厚生病院 消化器内視鏡センター)
      病理解説:新井冨生(東京都健康長寿医療センター 病理診断科)
  • 2.大腸
    • 司会:岡 志郎(広島大学病院 内視鏡診療科)
      垂水研一(川崎医科大学附属病院 消化管内科学)
      病理コメンテーター:嶋本文雄(県立広島大学 人間文化学部 健康科学科 病態病理学研究室)
  • 3.胆膵
    • 司会:佐々木民人(広島大学病院 消化器・代謝内科)
      糸井隆夫(東京医科大学 消化器内科)
  • 4.食道
    • 司会:八木一芳(新潟県立吉田病院 内科)
      今村祐志(川崎医科大学附属病院 内視鏡・超音波センター)
      病理解説:味岡洋一(新潟大学大学院 医歯学総合研究科 分子・診断病理学分野)
  • 5.小腸
    • 司会:渡辺憲治(大阪市立大学大学院 医学研究科 消化器内科学)
      松本啓志(川崎医科大学 消化管内科学)
      病理解説:江頭由太郎(大阪医科大学 病理学教室)
      秋山 隆(川崎医科大学 病理学1)
      コメンテーター:大宮直木(藤田保健衛生大学 消化管内科)
      平井郁仁(福岡大学 筑紫病院 消化器内科)

【実技ハンズオンセミナー】

  • 1.大腸内視鏡挿入
    • 講師 兼 司会:鶴田 修(久留米大学医学部 消化器病センター)
      池松弘朗(国立がん研究センター東病院 消化管内視鏡科)
  • 2.胆膵のEUS-FNA
    • 講師 兼 司会:原 和生(愛知県がんセンター中央病院 消化器内科)
      北野雅之(近畿大学医学部 消化器内科)
  • 3.胃ESD
    • 講師 兼 司会:道田知樹(大阪厚生年金病院 内科)
      大圃 研(NTT東日本関東病院 消化器内科)
  • 4.大腸ESD
    • 講師 兼 司会:浦岡俊夫(慶應義塾大学医学部 腫瘍センター 低侵襲療法研究開発部門)
      山口裕一郎(静岡県立静岡がんセンター 内視鏡科)
後援:オリンパスメディカルシステムズ株式会社
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

プログラム委員(敬称略、50音順)

赤松 泰次、味岡 洋一、天野 祐二、荒川 哲男、飯石 浩康、五十嵐良典、
一瀬 雅夫、井上 晴洋、岩男  泰、岩切 龍一、岩下 明徳、上村 直実、
大原 秀一、岡田 裕之、小野 裕之、小原 勝敏、小山 恒男、加藤 元嗣、
上西 紀夫、北野 正剛、金城 福則、草野 元康、工藤 進英、後藤 秀実、
斉藤 裕輔、坂本 長逸、塩谷 昭子、高橋 信一、田尻 久雄、田中 信治、
田中 雅夫、永尾 重昭、中島  淳、花田 敬士、原田 一道、平田 一郎、
藤崎 順子、藤田 直孝、幕内 博康、増山 仁徳、松井 敏幸、松本 主之、
三浦総一郎、峯  徹哉、三輪 洋人、武藤  学、門馬久美子、安田健治朗、
山野 泰穂、山本 博徳、芳野 純治

85回総会事務局:川崎医科大学 消化管内科学内
〒701-0192 岡山県倉敷市松島577
TEL:086-462-1111  FAX:086-464-1195
E-mail:gastro2@med.kawasaki-m.ac.jp

運営事務局:株式会社 コングレ内
〒541-0047大阪市中央区淡路町3-6-13
TEL:06-6229-2555  FAX:06-6229-2556
E-mail:85jges@congre.co.jp

詳細

開始:
2013年5月10日
終了:
2013年5月12日
イベントカテゴリー:

会場

国立京都国際会館
京都府京都市 左京区宝ヶ池 〒606-0001 + Google マップ
電話番号:
075-705-1234
Web サイト:
http://www.icckyoto.or.jp/

主催者

日本消化器内視鏡学会
参加登録詳細はこちら