一般社団法人 日本消化器内視鏡学会 Japan Gastroenterological Endoscopy Society

医療関係のみなさま

  1. TOP
  2. 医療関係のみなさま
  3. 各種手続き
  4. 演題応募における倫理審査

演題応募における倫理審査

会員各位

 時下ますますご清祥のことと、お慶び申し上げます。
日本消化器内視鏡学会倫理委員会より演題登録にあたっての倫理審査についてご報告申し上げます。
本学会における倫理指針を2018年9月に制定し、施行してまいりましたが、この度、JDDW2020倫理指針改定に伴い、本学会倫理指針(更新2019年12月1日)等についても本年12月1日改定し、2020年1月1日施行することと致しました。
この改定に伴い、関連資料も更新しております。

つきましては、2020年1月以降の演題募集受付(総会(第100回)及び支部例会から対象)から「JGES 演題登録時 Medical ethics 申請」 (更新2019年12月1日) ※に基づいてご登録いただきますようお願い申し上げます。
 なお、症例報告等倫理審査不要とされるものについては、JGES 演題登録時 Medical ethics 申請のAとして10項目列挙されています。それら以外にも、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の定める「研究に該当しないもの」に含まれるものもあると思われます。それらについては、Aの8番目「健康の保持増進に資する知識を得ること、または、傷病の予防・診断・治療に資する知識を得ることを目的としない研究」にチェックをお願いします。以下(★)に補足説明をしますが、判断が困難な場合には、倫理審査委員会の意見を聴くことが推奨されますので、ご留意ください。
 倫理申請の要不要については、「JGES 応募演題・論文投稿のカテゴリーを判断するためのフローチャート」(更新2019年12月1日)、必要な手続きについては「JGES 倫理指針から見た研究の種類と必要な手続き」(更新2019年12月1日)をご活用ください。
 また、よくある質問を「JGES 倫理指針Q&A」(更新2019年12月1日)にお纏めしました。
 

★A(倫理審査が不要)とされるものの補足
JGES 演題登録時Medical ethics 申請のAの10項目以外で、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の適用さない「研究に該当しないもの」として、下記が考えられます。これらについては、Aの8番目「健康の保持増進に資する知識を得ること,または,傷病の予防・診断・治療に資する知識を得ることを目的としない研究」にチェックしてください。
ただし、判断が困難な場合には、倫理審査委員会の意見をお聞きください。
1)患者その他一般の理解の普及を図るため、既存の医学的知見等についての公表(=掲載)
2)自らの施設における以下の行為
  • 一定期間内の診療実績(受診者数, 処置数, 治療成績等)を集計し、ご自身の施設の事業報告としての発表。(自施設の医療評価の発表)
  • 標準的な診療が提供されていることの確認, 院内感染や医療事故の防止、検査の精度管理等のため, 施設内のデータを集積・検討したご自身の施設の実態報告としての発表。(自施設の医療の質の確保に関する発表)

 なお、施設において倫理委員会の設置がない場合については、関連の大学や医師会等の倫理審査制度を利用していただくか、あるいは本学会倫理委員会で有料審査(自施設のみで実施する観察研究に限る)をご利用ください。
詳細は「倫理審査が設置されていない研究機関からの倫理審査の受託」をご確認ください。
審査が集中した場合、判定まで通常の審査予定以上かかることがございますので、ご審査お申し込みはお早目にお願いします。
書類はメール(jges-rinri@jges.or.jp)送付と郵送をお願いします。
ただし、審査の条件に該当しない場合は審査を受託することができませんこと、ご了承ください。
審査に関しては試験的に行うものであり、状況によって中止とさせていただくこともございます。予めご了承ください。

以上、ご不明な点がございましたら倫理に関する専用アドレスjges-rinri@jges.or.jpまでお問い合わせくださいますよう、お願い申し上げます。

※倫理に関する内容は2019年11月現在によるもので、今後、国の法令等の変更に伴い改定を行う可能性があります。

2019年12月
一般社団法人日本消化器内視鏡学会
倫理委員会

 

お問い合わせ先:

一般社団法人日本消化器内視鏡学会事務局 倫理委員会担当係
〒104-0045 東京都千代田区神田駿河台3丁目2番1号 
新御茶ノ水アーバントリニティビル 4F
E-mail: jges-rinri@jges.or.jp