一般社団法人 日本消化器内視鏡学会 Japan Gastroenterological Endoscopy Society

  1. TOP
  2. 医療関係のみなさま
  3. 専門医制度
  4. 専門医更新(指導医含む)

専門医更新(指導医含む)

2022年度専門医・指導医更新

2022年度に専門医・指導医の更新手続きが必要な方は2017年12月1日に専門医・指導医を取得もしくは更新された方(*1,2,3)です。更新は5年毎とし、更新対象者には事務局より2022年3月30日付けでご案内のメールをお送りしております。

更新書類提出締締切は2022年6月末日です。

更新条件

  1. 専門医認定日から継続して本学会会員であること。
  2. 引き続き消化器内視鏡診療に従事していること。
  3. 更新時、認定内科医または総合内科専門医(内科専門医)、外科専門医または外科認定登録医、放射線科専門医、小児科専門医、救急科専門医、臨床検査専門医のいずれかの資格を有していること。なお、特別措置として2004年12月1日以前の日本消化器内視鏡専門医取得者は、この限りでない。但し、この特別措置は原則として内科系の日本消化器内視鏡専門医には適用しない。(※2022年度更新対象者より適用)
  4. 更新の認定基準単位(2017年3月~2022年2月までの業績)(業績有効期間厳守) 
    1. ※専門医制度規則(別表2)業績ポイント参照
    2. ①「Ⅰ出席・Ⅱ講演・Ⅲ論文」の総合計点数が5年間で30点以上
    3. ②「Ⅰ出席・Ⅱ講演・Ⅲ論文」の本学会分の合計点数が5年間で20点以上
    4. ③(専門医)
      「Ⅰ出席」の中の学会セミナーまたは支部セミナーのいずれかの受講回数が1回5点以上
    5. (指導医)
      「Ⅰ出席」の中の「学会セミナー及び重点卒後教育セミナー」の受講回数がそれぞれ1回以上
      ※上記①~③の条件を全て満たしていること。
    6. ※重点卒後教育セミナーは2022年度よりe-learningのみの開催となります。(会場開催はございません。)
    7. ※JDDWの教育講演は必須セミナーには該当いたしません。
    8.  

更新料

10,000円(基準を満たした方には追って振込用紙をお送り致します。)

  1. 指導医を取得している方は、これまで通り、指導医取得(もしくは更新)年から5年毎に更新手続きをして頂きます。指導医を取得している方で更新を完了された方には、「専門医証」ならびに「指導医証」の両方を発行致します。
  2. 2017年12月1日に専門医を取得された方でも、2021年に指導医を取得された場合は、そこから5年後の2026年度に更新して頂きますので、2022年度の更新手続きは不要です。
  3. 指導医を辞退し、専門医資格のみを維持される場合は、支部セミナーを受講下さい。その際、更新書類に「指導医辞退」と一筆お添え下さい。

なお、正当な理由で資格の更新が出来ない場合は最大3年間の更新保留が可能です。ご希望の方は本学会事務局専門医更新係までご連絡下さい。

提出先

〒101-0062

 東京都千代田区神田駿河台3-2-1 新御茶ノ水アーバントリニティビル4階

 日本消化器内視鏡学会 専門医更新係

↓ダウンロードはこちら

専門医更新はこちらから

◆出席登録はこちら

※ダウンロード時、文字化けが起こる可能性がございます。
文字化けが発生した方はこちらを参照下さい。
更新書類文字化け対応操作方法[PDF:603KB]

 

支部セミナー
(1日/5点)

※2022年度より所属支部以外のセミナーは業績付与されません。

学会セミナー
(2日/7点or10点)

(※2019年度より1日/7点)

重点卒後教育セミナー
(1日/5点or8点)

e-learning:5点

※2022年度よりe-learningのみの開催

専門医 申請 ×
  更新 ×
指導医 申請 ×
  更新 ×
概要

1日開催
各支部で年1回開催
(関東、近畿、東海は年2回)
7月~2月に開催
広範囲にわたる基本的な内容

年1回開催
独自性のある専門的な内容

※2020年度指導医申請より必須。

通年ホームページより受講可能
高度で専門的な内容

◎・・・受講必須  ○・・・どちらか1回受講が必須  ×・・・必須ではありません