一般社団法人 日本消化器内視鏡学会 Japan Gastroenterological Endoscopy Society

  1. TOP
  2. 医療関係のみなさま
  3. お知らせ
  4. 各種委員会
  5. パブリックコメント「EUS-FNAガイドライン」

パブリックコメント「EUS-FNAガイドライン」

先生方には益々ご活躍のこととお慶び申し上げます。

 

この度、本学会では「EUS-FNA ガイドライン」を作成いたしました。

EUS-FNA は、優れた病変描出能を有する EUS の技術を応用し、経消化管的に超音波で病変を確認しながら穿刺により病理検体を採取する手技であり、本邦では2010年の保険収載以降、広く施行されています。

執筆はCQ(clinical question)形式とし、必要に応じて BQ(background question)・FRQ(future research question)を設けました。なお、一部の CQにおいては、レベルの高いエビデンスが少ないため、専門家のコンセンサスを重視せざるを得ませんでした。

本ガイドラインは、EUS-FNA の概略、適応・偶発症、診断能、手技の4項目を柱に構築し、時現時点での指針といたしました。

 

つきましては、発表に先立ち草案に対するパブリックコメントを実施いたします。

皆様からのご意見をお待ちしております。

 

EUS-FNAガイドライン

一般社団法人 日本消化器内視鏡学会

EUS-FNAガイドライン作成委員会

作成委員長 入澤 篤志

◆意見募集締切

2024年 3月 11日(月)

 

◆送付先

お問い合わせフォームからコメントをお寄せください。

記載内容:お問い合わせ種別は「6.その他」を選択し、「お問い合わせ内容」に下記の①~⑥を記載してお送りください。

①EUS-FNAガイドライン パブリックコメント

②氏名 

③ご所属 

④対象頁、段落、記載内容 

⑤コメント

⑥根拠となる文献または、資料

 

※コメント、質問等につきましては原則として個別の回答はいたしかねますので何卒ご了承ください。

第107回日本消化器内視鏡学会総会

今後のイベント