ホーム > バナーリンク > 消化器内視鏡技師制度のご案内 > 消化器内視鏡技師制度について

消化器内視鏡技師制度について


日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡技師制度規則

第1章 総則

  • 第1条
  • 本制度は消化器内視鏡診療の進歩と普及にともない、日本消化器内視鏡学会(以下本学会)の責任において、医学基礎知識と内視鏡の専門知識と技術をそなえ、かつ積極的に消化器内視鏡業務(第13条)に従事する消化器内視鏡技師を養成し、学識技能の優秀なものを資格認定し、消化器内視鏡診療及び研究の円滑をはかることを目的とする。
  • 第2条
  • 消化器内視鏡技師とは、第1条により資格認定され、医師の監督指導のもとに消化器内視鏡業務に従事するものをいう。
  • 第3条
  • 本学会は本制度に基づいて、日本消化器内視鏡技師を認定し、登録する。
  • 第4条
  • 本学会は本制度の設立、維持と運営のために、消化器内視鏡技師制度審議会(委員長1名を含む、以下審議会)を設け、認定するための諸規則を定める。
  • 第5条
  • 審議会は消化器内視鏡技師を審査するため、消化器内視鏡技師資格認定試験委員会(委員長1名を含む、以下試験委員会)を設ける。

第2章 認定項目並びに認定規準

  • 第6条
  • 認定規準は次の通りである。

    内視鏡技師とは、看護師、臨床検査技師、診療放射線技師などの技師制度審議会が定めた日本の国家認定の医療関連者法定免許を有するもの、または准看護師の免許を有し、別に定める資格認定に合格したものをいう。

第3章 受験資格と申請

  • 第7条
  • 受験資格は次の通りである。所定の様式に必要事項を記入し、他の書類とともに、本学会理事長に提出する。

    1 技師制度審議会の定めた国家認定の医療関連者法定免許を有する者または准看護師の免許を有する者

    • 1. 願書
    • 2. 本学会専門医が従事する内視鏡室(試験委員が認めた施設を含む)で2年以上の実務経験の証明書
    • 3. 試験委員会が別に定める内視鏡に関する所定の講義を受講した証明書
    • 4. 消化器内視鏡技師研究会・学会およびその各地方会に2回以上出席したことの証明書(写)
    • 5. 学会専門医の受験申請の推薦書
    • 6. 本学会専門医が従事する内視鏡室における一般消化器内視鏡介助の年間実績証明書
    • 7. 法定免許証(写)
    • 8. 学会支部長の承認する内視鏡機器取扱い講習会およびセミナーの受講証明書(写)

第4章 資格認定方法

  • 第8条
  • 試験委員会は別に定める資格認定試験実施要領を本学会誌に掲載し、毎年1回実施する。
  • 第9条
  • 試験委員会は申請書類を審査し、条件を満たした者に対し、学術試験を行う。
  • 第10条
  • 資格認定試験に合格したものは、内視鏡技師として登録し、本学会理事長は認定証を交付する。

第5章 消化器内視鏡技師の業務並びに義務

  • 第11条
  • 内視鏡技師は指導医、専門医と常に密接なつながりをもち、指導と助言をえて、自己の技術向上につとめ、所定業務を遂行できるよう心掛けなくてはならない。
  • 第12条
  • 消化器内視鏡技師の業務

    主たる業務内容は、厚生労働省・都道府県知事免許で認められた医療行為の範囲内で内視鏡及び関連器械の管理、補助、整備、修理あるいは患者の看護と検査医の介助並びに事務業務、検査予約、オリエンテーション、資料の管理保存及び関連業務などである。

  • 第13条
  • 消化器内視鏡技師の除外業務
    1. 医師法が定める診療行為は行わないこと。
    2. 第二種内視鏡技師は各種の医療関連者の関連法が独占する業務を行ってはならない。
    3. 業務上知り得た秘密をもらしてはならない。
  • 第14条
  • 消化器内視鏡技師のその他の義務
    1. 日本消化器内視鏡技師会会員として入会しなくてはならない。
    2. 本学会が主催する内視鏡技師研究会や関連研究会などに出席または研究発表を行い、内視鏡技術を習得し、絶えず医学の進歩に寄与するよう勉学し、研究することが望ましい。
    3. 審議会の定める資格更新申請書により、必要条件を満たし5年毎に資格更新の手続きをしなければならない。

第6章 消化器内視鏡技師の資格喪失

  • 第15条
  • 消化器内視鏡技師は次の理由により審議会の議を経て、その資格を喪失する。
    1. 技師会員費を2年以上滞納したとき。
    2. 死亡したとき。
    3. 正当な理由を付して内視鏡技師を辞退したとき。
    4. 眼の見えない者、耳のきこえない者、話すことができない者、精神病者、著しい身体障害者、または覚醒剤・麻薬・大麻若しくはあへんの中毒者などに該当するとき。
    5. 反社会的行為、刑法にふれる行為、起訴された場合や本制度の主旨または規則に反する行為などがあったとき。

第7章 本制度の運営

  • 第16条
  • 本制度は審議会によって運営される。審議会委員は幹事、委員、協力委員によって構成される。委員長は本学会より指名される。
  • 第17条
  • 審議会は日本全国を10のブロックに区分し、各地区別に適切な試験委員を委嘱する。試験委員長は本学会より指名される。審議会と試験委員会は密接な連携を保ちながら本制度を運営する。
  • 第18条
  • この規則は本学会の理事会、評議員会及び総会で認可されるとともに施行される。
  • 第19条
  • この規則施行についての補則及び制度の改定は、審議会または試験委員会の議決を経て制定され、評議員会、理事会及び総会に報告する。

(平成13年10月17日改訂)
(平成28年  4月13日改訂)
(平成28年  6月22日改訂)


内視鏡技師医学講義カリキュラム

太文字は重要項目

a)消化器に関する基礎医学

  1. 解剖学
    解剖学
  2. 生理学
    生理学
  3. 生化学
    生化学
  4. 病理学
    病理学
  5. 薬理学
    薬理学
  6. 疫学・衛生学
    疫学・衛生学
  7. 内科学
    内科学
  8. 麻酔学
    麻酔学
  9. 外国語(医学用語)


b)消化器内視鏡に関する基礎

  1. 内視鏡学総論
    内視鏡検査と診断
  2. 内視鏡検査と診断
    内視鏡学総論
  3. 内視鏡的治療
    内視鏡的治療

資格更新手続きの変更について

(平成26年度の更新対象者から変更になっています)
一般社団法人 日本消化器内視鏡技師会

 資格更新に必要な内視鏡技師学会・研究会および内視鏡機器取扱セミナー・講習会の参加、出席等をポイント(点数)化し、また指定関連学会に参加した場合にも点数が付与される制度が導入されます。これにより資格更新手続きの一部が変更になりました。
 詳細については会報掲載の「消化器内視鏡技師資格更新に関する規則」をご覧ください。


 1.更新申請に必要な書類

①消化器内視鏡技師資格申請書〈会報秋季号綴じ込み〉
②学会、研究会等の出席ポイント(点数)チェックシート〈会報秋季号綴じ込み〉
③チェックシートに記載した学会、研究会、講習会等の出席証明書、受講証および出席証の原本(コピー不可) [過去5年以内有効]
④資格更新申請書類受理通知〈会報綴じ込み・はがき〉(必要な方のみ)


 2.更新申請書類の送付先

①学会・研究会等への出席のポイント(点数)制導入に伴い、会員管理および資格更新管理業務が日本消化器内視鏡学会から日本消化器内視鏡技師会へ移管されました。

②更新申請書類受付窓口は、下記の一般社団法人 日本消化器内視鏡技師会事務局です。
〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-22-15 大林ビル2F
TEL:03-5992-1520 FAX:03-5992-1521


 3.更新申請書類の受付期間

①更新申請は、認定期限が切れる前年度(9月~2月末日)に手続きを行ってください。


 4.更新手数料について

①更新手数料として3,000円が必要です。 ②更新申請書類が申請要件に適合しているかの審査後、更新手数料の納付書が送付されます。


 5.認定証交付について

①更新手数料の納付を確認し、4月以降順次発送します。


消化器内視鏡技師資格更新に関する規則

(平成25年5月11日制定)
(平成27年5月1日一部改訂)

 消化器内視鏡技師資格を継続するものは日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡技師制度規則(平成13年10月17日改訂)第15条③に従い、5年ごとに更新手続きをしなければならない。
 本規則はその更新申請における必要条件並びに手続きに関するものである。


目的

 内視鏡技師の資質の向上及び自己啓発を目指すため、日本消化器内視鏡技師学会・技師研究会(以下、本会主催学会・研究会)への出席は必須であるが、内視鏡技師業務は、患者看護、安全管理、感染対策、検査・治療の介助技術、機器管理、情報・画像処理など多岐にわたり、本会が指定したこれら専門的分野の学会・研究会等(以下、指定関連学会等)への参加を推奨し、その幅広い知識を得ることを目的とする。


申請に必要なポイント

 資格更新申請に必須となる本会主催学会・研究会への出席をポイント制とし、取得合計ポイントにて更新申請可能とする。また指定関連学会に参加した場合にもポイントを付与し、資格更新のためのポイント加算を認めるものとする。

(1)本会主催学会・研究会の出席ポイント(以下、出席ポイント)を1回で10点と換算する。

(2) 資格更新に必要な出席ポイントを30点とする。

(3) 本来業務の基幹となる本会主催の学会・研究会への出席2回(20点)は必須とし、残りの10点を指定関連学会への出席で充てることを可能とする。

(4) 支部技師会開催の学会・研究会においても同様の1回を10点とする。

(5) 更新は5年間で1度の原則から、本制度の発効から5年間は経過措置として以下の更新申請を認めるものとする。

(ア) 資格更新に必須の学会・研究会の出席ポイントを20点とする。

(イ) その中で本会主催学会・研究会への出席1回(10点)を必須とし、残りの10点は技師学会・研究会の出席、または指定関連学会等への出席で充てることを可能とする。

(6) 機器取扱い講習会または機器セミナー(以下講習ポイント)は必須として10点とする。


指定関連学会の更新ポイントの設定

(1) 出席ポイントを付与する関連学会等の指定は「更新ポイント検討委員会」により設定する。

(2) 付与する点数は内視鏡技師業務への有益性を鑑み、4点または2点とするが、指定関連学会等は各1回の出席点数のみで重複は認めない。


更新ポイント検討委員会

(1) 更新ポイント検討委員会(以下委員会)は委員長1名と広報委員会を主として構成し、必要に応じて委員を増員できる。

(2) 本制度の目的に沿った関連学会・研究会およびセミナー等については、委員長に申請書を提出する。

(3) 申請書の様式、添付書類の内容、採否の判断及び付与ポイントの基準は、委員会の内規で定める。

(4) 申請書の受付は随時行い、次年度の締め切りは12月末とする。

(5) 委員長は委員の意見を収集し、採否・付与ポイントを決定して理事会に上申する。

(6) 理事会で承認された更新ポイント付与となる学会・研究会、セミナー等は、毎年3月に公表し、会報及びホームページで公布する。


更新申請方法

(1) 出席・講習ポイントの申請には別紙の「学会、研究会等の出席ポイント(点数)チェックシート」(以下、出席ポイントチェックシート)を用いて、該当する指定関連学会等の欄に[レ]チェックを入れ、参加日と点数(4点または2点)を記入する。

(2) 消化器内視鏡技師資格更新申請書と出席ポイントチェックシートは技師会報巻末に綴じ込むこととする。

(3) 更新に必要な書類は以下のとおりとする。

(ア) 消化器内視鏡技師資格更新申請書

*技師学会・技師研究会(地方会・全国どちらでも可)3回分、または2回分と支部長承認の機器取扱い講習会または機器セミナー(基礎編・実践編どちらでも可)1回分を記載する。

(イ) 出席ポイントチェックシート

*技師学会・技師研究会(地方会・全国どちらでも可)3回分(30点該当)、または技師学会・技師研究会2回分(20点該当)と指定関連学会等の出席累計点数(10点以上)および機器取扱い講習会基礎編または実践編の1回分(10点該当)を記入する。

註:経過措置として、平成26年度~平成30年度更新者は、技師学会・技師研究会2回分(20点該当)、または技師学会・技師研究会1回分(10点該当)と指定関連学会等の出席累計点数(10点以上)および機器取扱い講習会基礎編または実践編の1回分(10点該当)を記入する。

(ウ) 出席証明書と受講証および指定関連学会等の出席証の原本(コピー不可)を添付

*消化器内視鏡技師資格更新申請書の裏面に、技師学会・技師研究会の出席証明書(3回分、または2回分)と機器取扱い講習会基礎編または実践編の受講証および指定関連学会等の出席証を貼る。


更新に関わる事務処理及び更新料

(1) 事務処理担当について
消化器内視鏡認定技師は、日本消化器内視鏡学会(内視鏡学会)主管の認定制度であるが、会員管理全般を日本消化器内視鏡技師会(技師会)が主管することになり、更新に関しての手続きは技師会を窓口として行う。

(2) 更新に関わる経費について事務処理に関わる経費及び認定証発行、郵送経費など受益者負担とし、更新料は3,000円とする。
更新料は、平成26年度更新者より適用とする。


実施時期

 日本消化器内視鏡学会技師制度審議会の審議結果により、承認後日本消化器内視鏡技師会のもっとも早い会報発行時期(9月、3月)に公布された5年後の平成31年3月更新者より適用されるが、それまでは経過措置が適応される。

〈参考〉

参考

出席ポイントの技師学会は技師学会・技師研究会を指す
講習ポイントは機器取扱い講習会の基礎編・実践編を指す

(註)消化器内視鏡技師資格更新に関する規則は、解り難いことから文言の一部修正を行った。(2015.5.1)


出席ポイント(点数)チェックシート(更新申請用)[109KB]



日本消化器内視鏡技師の資格更新手続きについてのお知らせ

 日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡技師制度規則(平成28年6月22日改定)第14条③「審議会の定める資格更新申請書により、必要条件を満たし5年ごとに資格更新の手続きをしなければならない」に従い、下記要領にて資格更新手続きを行なって下さい。

  1. 昭和57年第1回、昭和62年第6回、平成4年第11回、平成9年第16回、平成14年第21回、平成19年第26回、平成24年第31回技師試験により認定された技師は更新手続きを行なって下さい。
  2. 本会報巻末の資格更新申請書出席ポイント(点数)チェックシートに必要事項を全て記入し早めに下記へ提出して下さい。
    申請期日は平成28年9月~平成29年2月末日です。
    〒171-0021
    東京都豊島区西池袋3-22-15 大林ビル 2F
    日本消化器内視鏡技師会  更新係

    問い合わせ TEL 03-5992-1520

  3. 技師学会・技師研究会の必須1回分の出席証明書および同学会・研究会の出席証明書1回分、または指定関連学会等のポイントを満たす出席証と支部長承認の機器取扱い講習会基礎編または実践編の1回分の受講証を更新申請書の裏面に貼付して下さい。(過去5年以内)
    更新申請書に貼付する出席証明書、受講証および指定関連学会等の出席証は、全て原本(コピー不可)に限ります。
  4. 技師研究会・技師学会および指定関連学会等と機器取扱い講習会または機器セミナーの出席点数を記入した出席ポイント(点数)チェックシートを添付してください。
  5. 新たに制度審議会で定めた国家資格(新受験資格参照)を取得した方は免許証コピーを添付して下さい。
  6. 現在、内視鏡業務に従事していない方、退職している方も上記条件がそろっていれば申請できます。
  7. 技師会年会費に未納分がある場合は手続きできません。技師会報春号綴じ込みの振込用紙、または郵便局備え付けの振込用紙にて更新申請時に未納分を納入して下さい。
    振込先
    加入者名:日本消化器内視鏡技師会
    口座番号:00100-7-362079
    年会費:5,000円(通信欄へ会員番号を記入して下さい。)
        ※平成25年度以前の年会費は3,000円
  8. 所定の手続きを完了した方には、新しい認定証を発行します

    ●業績書方見本
    業績書方見本

    ●証明書等の添付について

    業績書方見本
    • 原本にマジックかボールペン(鉛筆不可)で記名したものに限ります。
      無記名およびコピーのものは無効です。原本に記名欄がない場合は余白部に記名して下さい。
    • 出席していても当日、証明書を受け取らなかったり、紛失した場合は無効です。
    • ネームプレート型の小型証明書は、複数をまとめて1枚の用紙に貼って下さい。
    • 証明書等のコピーは受け付けません。必ず原本を提出して下さい。
    • 規定回数以上出席された方も研究会・技師学会2回分、機器1回分のみ提出して下さい。
    • 証明書等は更新申請書の裏面(背中合わせ)に貼付して下さい。
    • 証明書等が複数枚になる場合は貼付例のように斜線部を糊付けし、重ねて貼って結構です。

◎資格更新申請書の受理確認を要望される方は。本会報巻末の「資格更新申請書受理通知」はがきに返信先(住所、氏名)を記入し、切手を貼付のうえ、資格更新申請書類とともに提出して下さい。

◎次回以降、更新者名簿に氏名の不掲載を希望する方は、本会報巻末の「氏名等変更届」はがきに必要事項を記入し提出して下さい。

◎更新申請書は、更新が受理された場合返却しません。


消化器内視鏡技師資格更新申請書[103KB]


見本

貴院消化器内視鏡技師の待遇に関する要望について

 下記様式の「消化器内視鏡技師の待遇に関する要望書」が学会事務局に用意してございます。必要な方は、学会事務局から理事長名にてお送りしますので、宛名(例 ○○病院長○○○○殿、あるいは○○病院 看護部長○○殿など)、技師名、お申込み者名を明記のうえ、書面にてお申込み下さい。


貴院消化器内視鏡技師の待遇に関する要望書[91KB]

pickup
血友病患者に対する内視鏡時の対応について

重要 血友病患者に対する内視鏡時の対応について

医療安全委員会からのお知らせです