ホーム > 会員のみなさまへ > 会告(報告・お知らせ) > お知らせ > 過去のお知らせ > 英文誌編集委員会からのお知らせ

英文誌編集委員会からのお知らせ

2015年インパクトファクター発表

Digestive Endoscopy誌の2015年インパクトファクターが2.715と発表されました。Gastroenterology & Hepatologyのカテゴリーで78誌中41位、Surgeryのカテゴリーで199誌中46位となっております。



初インパクトファクター獲得から7年、ようやく3.000の大台が見えてまいりました。ここまで来ることができましたのも、ひとえに会員の先生方のご支援の賜物と感謝しております。今後もWiley社の協力を得て、編集委員一同、ジャーナルの質と地位の向上に努める所存でございますので、引き続きのご支援・ご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。


【学会誌「Digestive Endoscopy」オンライン閲覧サービスについて】
今年1月より、Digestive Endoscopyのオンライン版が学会ホームページの会員専用ページで閲覧できるようになりました。また、電子書籍サービスKaLib(カリブ)でも、PDF版のダウンロードが可能です。ご活用頂けましたら幸いです。

http://www.jges.net/index.php/member_submenu/archives/136


日本消化器内視鏡学会
英文誌編集委員長 坂本長逸



pickup
血友病患者に対する内視鏡時の対応について

重要 血友病患者に対する内視鏡時の対応について

医療安全委員会からのお知らせです